FC2ブログ

Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY 『border』


ELEVENPLAYの新作ダンスインスタレーション『border』を体験、観覧してきました。

公演の概要はオフィシャルサイトに任せます。
http://www.rzm-research.com/border/


まずは体験の感想について。

入場の受付順に載るWHILLが決まっており、公演中に見える景色や得られる感覚が変わってくるので、これもまたアトラクション的ですね。

受付を済ますと手荷物を預けて公演中の注意事項の説明がありました。

大部分はスタッフさんによる口頭での説明でしたが、待ち時間に見ていた注意事項を説明する動画には真鍋大度さんが出演していました。

禁止行為を真鍋さんが実演していて、演技が上手いというか、その行動がハマりすぎててウケましたw

ステージエリアに入ると10台のWHILLが並んでいるのでスタッフさんの指示に従ってWHILLに座ります。

ここでも公演中の注意事項がスピーカーから流れてきたのですが、この声も真鍋さんだったんじゃないでしょうか?

機材を装着すると公演スタートです。

体験の内容はというと、これはなかなか言葉では表せません。

実際に踊る演者とVRの演者が入り乱れて、途中からリアルとバーチャルの境目が分からなくなるのです。

border=境目、タイトルどおりの体験をさせてもらいました。

これはぜひ多くの人に体験してもらいたいものです。

公演中はダンサーさんが体験者の肩やひざに手を触れます。

これは体験者に気づきを与えるためでしょうかね。

今見ていることが現実なのか仮想なのか、体に触れることでダンサーさんは目の前で踊っていることを伝えようとしている気がします。

ステージエリアにいると、ダンサーさんが付けたコロンの香りも漂ってきます。

味覚以外の五感を刺激するこれまでにない本当にすごいインスタレーションです。


続いて鑑賞です。

体験には1回分の鑑賞が付いてきますが、当日券の鑑賞チケットを買えば、1日に3部ある各部の間なら何度も公演を見ることができます。

ハマりすぎて出席結果はこんな感じになってしまいました。

第1部 体験1 観覧2
第2部 観覧2
第3部 観覧4

これだけ見ても飽きることはありません。

公演ごとに5人のダンサーさんが入れ替わり、ポジションも変わるので、それぞれがまた違った公演になります。

WHILLに乗った体験者の反応も人それぞれですし。



観覧エリアは3方向あるので見る角度によっても違った楽しみ方ができます。

ダンサーさんの個性を見るのもこの公演の楽しみです。

得意なダンスパートが異なりますし、もっと細かいところまで見ていると、手刀で体験者の肩を突くシーンでは沼田由花さんだけ揃えた指の腹で触れていることに気づいたり…

MOSAICと同じダンスパートもあるので、MOSAICも見ていると違った楽しみ方ができると思います。

この公演からELEVENPLAYには新しいメンバーが2人追加されていますが、オフィシャルHPにはプロフィールが載っていません。

情報の補完をお願いしたいところです。

そして衣装に関しては、やっぱりYAEPONさんだなーって思いました。

着ているものから柔らかさや優しさが感じられるのです。

YAEPONさんが作る衣装は好きです♪

感想は以上です。

来年2/27-28に開催されるYCAMの公演も楽しみです♪







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示