FC2ブログ

Countdown to New Year 2019@代官山LOOP

セットリスト
01 LOLLiPOP
02 マスクマスク
03 ONE STEP
(音源不具合につきロングMC)
04 Find A Way
05 はっぴぃ夏祭り

年の瀬ライブでど迫力のパフォーマンスを魅せてくれました。

しかしONE STEPの後にミイラキラーのイントロが流れてくると突然ぶっつりと曲が停止。

機材の不具合のようでした。

音響スタッフから『MCでつないで』と合図があり、そこからロングMCになりました。

「話すこと考えてない!」とTEMPURAメンバーみんなが焦っていた様子から、MCなしのノンストップのセットリストを組んでいたようです。

「2018年を振り返ってみよう!」

とKARINが気の利いた話題を振ると、これまたメンバー揃って「良いことなかった~…」と口にしていました。

いや!そんなことないでしょう!

春にはFind A Wayのワンマンライブを開催し、それを最後にNaNaHoがTEMPURA KIDZを脱退、その後メンバーそれぞれが新しい道を踏み出しているのです。

YU-KAはダンス舞台『恋ノ水』で初舞台出演。

P→★は深夜DJイベントにもデビュー。

KARINとAOは振り付けデビュー。

その他にもダンスワークショップを開いたり、今年も海外のあちこちに出かけているのです。

色んな挑戦をしているのに「2018年良いことなかった~」では聞き捨てなりませんね。

YU-KAの恋ノ水についてはP→★が茶々を入れつつも自発的に話し出したのですが、その後の話題が続かずにイベントMCの竜徹日記さんに助けを求めました。

それでも時間のつなぎに困ると、会場に向けて質問ありませんか?と問いかけました。

私はすぐさま手を挙げ、『AOさんとKARINの振り付けデビューの話が聞きたい!』と切り出しました。

普段からMCに参加しないAOに喋ってもらいたかったですし。

「私が振り付けをしたEVERYDAYSがつい先日デビューしましたー!」

とAOから一言あった後は、

「サビの振り付け可愛いよね!自分もいつかアイドルやりたい!」

とP→★が可愛いらしく踊り出しました。

うん…P→★推しには大サービスだから良いけど!

AOさんに喋ってほしいの!

来年はなんとしてもAOさんにもMCに参加してもらうように仕掛けますからね!

続いてKARINはGAY-SYA GALsを紹介。

自分がGAY-SYA GALsメンバーより年下であることによるMV撮影時の苦労話やメイクにまつわる秘話を話してくれました。

2曲分くらいの時間の話をしたところで音源が復帰。

「どのremixかわからない!」と自分たちでもどの曲で始まるか分からないまま音源を再生。

オリジナルバージョンのFind A Wayでした。

YU-KAがまた新しい表現の仕方を身に付けたようで、これまでとダンスが違って見えました。

やはりダンス舞台出演の経験は大きいですね。

ラストはみんなで声を出せるはっぴぃ夏祭り。

掛け声だけじゃなく最近は落ちサビでケチャをしてくれるファンが増えてますから、全力でAOさんを讃えるのは楽しくてしょうがないです笑。

音源トラブルがありつつも、おかげでTEMPURAメンバーの笑顔のトークも聞けたし、気合いの入ったライブパフォーマンスも見れたので、良い2018年TEMPURAライブの締めくくりでした♪
スポンサーサイト

COUNTDOWN JAPAN18/19【CAPSULE/中田ヤスタカ編】

セットリスト
01 more more more
02 Starry Sky
03 White Cube
04 Give You More
05 JUMPER
06 Hero
07 FLASH BACK

30分という枠の中でどうやって『中田ヤスタカ』としてのパフォーマンスをするのかな?と思っていましたが、DJ卓前で歌っていたこしこさんがStarry Skyが終わったところでDJ卓の後ろに控え、ヤスタカさんが会場を煽るというスタイルになりました。

CAPSULEの曲ではひたすらジャンプ、中田ヤスタカ名義の曲では手の振り下ろしで乗るという切り替えは好きです。

時折こしこさんが旗を持って会場の煽りに参加していました。

CAPSULEの曲であるJUMPERのイントロが流れ始め、こしこさんの目つきが変わると、そう!あの有名な首振りです。

この日のこしこさんはジャンプをせずにものすごい勢いで首を振っていました。

すごい気迫でした。

お客さんたちもその勢いに煽られてかみんなでジャンピング首振りで応戦してました。

1コーラスだけのHeroを挟み、ラストはなんとFLASH BACK!

ボーカルがない曲ですからこしこさんの出番は…?と思っていたら、こしこさんはヤスタカさんと一緒にDJ卓から会場を煽り始めました。

私は初めて見る光景です。

FLASH BACK自体すごくテンションが上がる曲ですが、CAPSULEの2人で会場を煽る光景には圧倒されました。

終演後には周囲から『楽しい!』『楽しい!』の声のオンパレードでした。

私も楽しくてしょうがなかったです!

COUNTDOWN JAPAN18/19【きゃりーぱみゅぱみゅ編】

セットリスト
SE バーチャルぱみゅぱみゅ
01 にんじゃりばんばん
02 音ノ国
03 インベーダーインベーダー
04 もんだいガール extended mix
05 ファッションモンスター
06 演歌ナトリウム
07 きみのみかた
08 原宿いやほい
09 もったいないとらんど
10 キズナミ

4万人以上を収容するアースステージに人がびっしりと埋まり、きゃりーさんがやってほしいとお願いしたことをみんなが真似してくれる本当にライブらしいライブでした。

きゃりーさんは時折ニヤニヤしつつ、終始笑顔で楽しそうにライブしていました。

久しぶりの出演となった女性きゃりーダンサーズ(カンナ、ウガ、レナ、ミナミ)も笑顔でした。

額にお札を貼ったキョンシーメイクで笑顔が見えるのは相当のことです。

とても会場の雰囲気が良かったのだと思います。


演歌ナトリウムでは振り付け指導がありました。

サビの『えんえんえんえん』で両腕をYの形にしてジャンプし、『演歌ナトリウム』で手を左右に振るというものです。

きゃりーさんが前日にPerfumeさんのライブを見てインスパイアされたのではないかと思います。

会場のみんなが一体になれる振り付けは大事ですね。

もちろん間奏の『サイ!サイ!』の練習はきゃりーさんのアカペラでありました。

『サイ!サイ!』の言葉の部分だけ練習した後に、「行きますよー!」と言って間奏のリズムを口ずさもうとすると、早くも『サイ!サイ!』の掛け声が。

「ごめんごめん!今のは私が(説明不足で)悪かった!笑」と謝るきゃりーさんが可愛らしかったです。


そして、待望のもったいないとらんど!

「だいぶ久しぶりの曲ですが、冬らしいやつをやります!」

と、きゃりーさんが曲振りをした時には身体中の血液が沸騰するような感覚に襲われました。

とにかくこの曲は好きなんです!

THEきゃりーと言えるような可愛い振り付けと声質。

もっともっと披露してほしいものです。


キズナミの『Yo!Yo!』の掛け声でも大盛り上がりでした。

サビではOTONOKOの時と同じく、きゃりーさんがステージ上を左へ右へ移動しながら手の振りかざしとワイパーで煽っていました。

以前のブログで、私は基本的にきゃりーさんの振り真似をして会場の盛り上げの手助けをしたいと言うことを書きましたが、きゃりーさんがステージの端へ行った時にステージセンターで踊っているきゃりーダンサーズのことも忘れてはいけないと思っています。

多くの人はきゃりーさんばかりに目が行ってしまいますから。

なので、きゃりーさんが正面にいる時はきゃりーさんを真似し、正面から離れて行った時はきゃりーダンサーズの振り真似をするという形に変えています。

きゃりーダンサーズも本当に楽しそうに踊っているので見なきゃ損です。


きゃりーさんは2018年のBDライブで『26歳は続編でなく新作を作る!』という抱負を打ち立てて、少しの間はライブの仕方に思い悩んでいるような姿が見て取れましたが、じゃぱみゅツアーで良い感覚を掴み、きゃりーさんがいつも笑顔でライブができるようになったことが私も本当に嬉しかったです。

ダンサーズもスタッフさんも含むチームの雰囲気もすごく良いものになっていると思います。

結束力が高まっているチームきゃりーが2019年にはどんな景色を見せてくれるか楽しみです♪

NENGU presents Highway to Health 4@吉祥寺WARP

セットリスト
01 席替ガットゥーゾ (1コーラス)
02 迷えば尊し
03 キミワイナ'17
04 恋の遮断機(3組のヒロシです…)
05 雨夜の接吻
ラップパフォーマンス(エンドレス青春)
06 最終人類

リーダーズの前に出演したアーティストが持ち時間の終わりをすごく気にしていたので、このイベントは30分という持ち時間をいっさいオーバーしてはいけないイベントなんだなと思いました。

そうした制約の中、リーダーズはみっちり濃厚なセットリストを組んできました。

1曲目が席替ガットゥーゾのショートバージョンでした。

ショートバージョンとは驚きでした。

席替ガットゥーゾはいまやリーダーズのライブのオープニングに欠かせない曲です。

時間の限りセトリに組み込みたいと思ったのではないかと思います。


さらに驚いたのが、迷えば尊しを2曲目に選んだこと。

青春ロックアンセムである迷えば尊しは、そのうちリーダーズのセトリのラストを飾るであろうと思っていたのですが、演者もお客さんも一体になってライブを締めたいというメンバーの想いがあってか、今のお客さんのノリではメンバーを納得させるものになっていないのでしょう。

ファンも頑張らなければなりません。


そしてそして、クリスマス=聖夜にキミワイナ'17 と恋の遮断機の裏切りシリーズ2曲はどうなのかな?とちょっと考えてみましたが、はみ出しだからいいのかと妙に納得してました笑。


自分たちの体を使ったパフォーマンスを後ろの人たちにも見てもらいたいというメンバーからの影アナで、リーダーズのライブはスタートから着座となりましたが、雨夜の接吻、最終人類の迫力は変わらずでした。

むしろ普段経験のない真下から見上げるリーダーズのパフォーマンスはより臨場感がありました。


すでにリーダーズ第2弾アルバムリリースと東名阪ワンマンツアーが発表されています。

この日のライブ中に感じたメンバーの妙な緊張感は次のステージに向けた気合、はたまた重要なイベンターが見に来ていたことが理由として考えられました。

まもなく年末最大のフェスCOUNTDOWN JAPANです。

初披露が宣告されている新曲『恋ゲバ』はもちろん楽しみですが、2018年目いっぱい頑張ってきたリーダーズメンバーが大舞台でどんなパフォーマンスを発揮してくれるか、はたまたメンバー自身がライブを楽しんでどんな笑顔を見せてくれるか、本当に楽しみです。

JAPAMYU HALL TOUR 2018振り返り【きゃりーダンサーズ編】

これまでのライブレポよりちょこっとだけ細かい感想を書きます。

内容はきゃりーダンサーズについてです。


公演最後の曲の最&高 Album mixできゃりーさんがダンサーズを紹介していたので、ダンサーズの何人かの本名(芸名)とSNSアカウントはすぐに判明しました。

Mrブランデー:リー、??(おそらく女性)
キューさん:Que、休徳竜也
シンゾーさん:SHINZO KABURAGI(たぶん)
ダイキさん:DyKi、山本大貴
カーさん:KAA
ナンちゃん:南條良輔

2公演だけMrブランデーの中の人が変わっていることに気づいたものの、きゃりーさんが紹介する名前は変わってなかったので、中の人が誰だったかは分かっていません。

女性と思われるMrブランデーはロックダンスをたびたび披露していたのが印象的でした。

あとキューさんの代役でたまにシンゾーさんという方が出演していました。

ダンサーズメンバーは色々な舞台を掛け持ちしているようなので、振り付けやフォーメーションを覚えながらきゃりーさんのツアーに出演することは大変だったと思います。

私もツアーの最初はこのメンバー構成に馴染めなかったものの、以前のライブレポにも書いたように、ダンサーズが自分たちがきゃりーさんのサブキャラクターという位置付けでなく、きゃりーさんと一緒にライブをする一員なんだと気づいてパフォーマンスを切り替えたあたりから、俄然このツアーは楽しくなりました。

きゃりーダンサーズが個性を発揮できるダンスパートは演歌ナトリウムの後、ファッションモンスターの後、最&高 Album mixの出演者紹介とたくさんありました。


最初のダンスパートは、ダンサーズが掃除をサボっていることをMrブランデーに叱られるシーンですが、これは会場から笑いが取れるように、公演回数を重ねるたびに進化を遂げていました。

ブランデーが落ちてるゴミをダンサーズの1人にトスし、ダンサーズが回転キャッチするシーン、ブランデーが座ったキャスター付き丸椅子をカーリングのストーンのように滑らせてもう一つの椅子にぶつけるシーンは見せ場になっていました。

ごく稀に失敗する時もありましたが、ずっと見続けているファンにとっては愛らしい仕草にほんわかさせられたものです。


2回目のダンサーズのダンスパートはダンサーズが客席に手拍子を煽るなど、本格的なダンスナンバーを魅せるものになっていました。

これには歓声を上げずにはいられませんでした。


最&高 Album mixの出演者紹介は先日のセットリスト編でも書いた通り、ご当地名物をダンスで表現していました。

私が見てきた公演では次のような名物のダンスが披露されました。

徳島:阿波踊り
新潟:日本酒で酔っ払い
茨城:納豆
大阪:たこ焼き
仙台:牛タン
東京:ヲタ芸
釧路:たんちょう
札幌:ラーメン
神戸:牛
豊岡:こうのとり
福岡:ラーメン
熊本:くまもん

20公演目の国際フォーラムではダンサーズメンバーオリジナルのダンスナンバーです。

遊び心のあるダンスは毎回楽しみにしていました。


忘れてならないのが閉幕した後のMrブランデーの投げキッス。

ステージにモップをかけながら舞台袖から現れ、お客さんの視線に気づいたMrブランデーが満面の笑みを浮かべて客席にお礼の挨拶をするというものです。

本当に愛すべきキャラクターでした。


おそらく男性きゃりーダンサーズは今回のツアー限りのキャスティングかもしれませんが、ぜひとも今後のきゃりーさんのワンマンライブやフェスイベントでも出演してほしいなと思っています。

ライブでのパフォーマンスの魅せ方と舞台でのパフォーマンスの魅せ方は違うものと思います。

機会があればメンバーの舞台も見に行きたいものです。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示