FC2ブログ

JAPAMYU HALL TOUR 2018@新潟県民会館

ネタバレは後ろに書きます。

新潟公演がものすごいことになりました。

きゃりーさんもこれまでのじゃぱみゅツアーの中でも一番に声が出ていると評したほどです。

しかも多くのお客さんがきゃりーさんの指示する振りを全て真似し、きゃりーさんが踊っている時は振りコピしたり、手拍子したり、ペンライトを振ったりと思い思いに楽しむという動きもありました。

何より、きゃりーダンサーズもきゃりーさんと心を合わせるかのように積極的にお客さんにレスをするようになっていて、ステージ上の一体感が増していたのが印象的でした。

この流れは過去のきゃりーさんのツアーで新しく入ったきゃりーキッズのパフォーマンスが変化していったのと同じだと感じています。

きゃりーダンサーズを見ながら振りコピをしたり、主役のきゃりーさんだけでなくバックダンサーを熱心に見たりするお客さんがいれば、プロのダンサーさんならそんなこと思いもよらないでしょうし、普通最初は戸惑うと思います。

これらのお客さんの反応がきゃりーさんのサブ的な役割でなく、きゃりーさんと一緒にライブを作り上げているという自覚につながり、パフォーマンスも変化させている理由だと考えています。

あ、もちろん私は目の前にいるきゃりーさんを無視してきゃりーダンサーズを見ているわけでは決してありません(汗)。

きゃりーダンサーズに注目すべきと思う時だけダンサーズの振りコピをしたり、視線を送ったりしています。

次々と過去最&高を更新していくじゃぱみゅツアーは進化を続けていきそうです。

まだツアーの折り返しにも来てませんから、今後が楽しみでしょうがありません♪

以下ネタバレです。


続きを読む

スポンサーサイト

OTONOKO 2018【中田ヤスタカ編】

セットリスト
01 バーチャルぱみゅぱみゅ
02 音ノ国
03 ファッションモンスターエナジー
04 Level Up(Watch me mix) ft. banvox
05 Jump in Tonight ft.眞白桃々
06 DJノブナガのメインテーマ
07 White Cube ft.苺りなはむ
08 Game Changers ft.TeddyLoid
09 FUSION Remix
10 キズナミ
11 CANDY CANDY Remix
12 TOKYO GIRL
13 Dancing Planet ft.VERBAL
14 Starry Sky
アンコール
15 Sugarless Girl

きゃりーさんがステージを捌けるとヤスタカさんがDJ卓に登場。

そして流し始めた曲はなんとバーチャルぱみゅぱみゅ!

これを出囃子にきゃりーさんがステージへ再登場。

出番を終えたばかりのきゃりーさんとヤスタカさんが早速の共演です。

先ほどのきゃりーさんの持ち時間が30分と予定より短いなぁと思っていたのですが、最初から共演が組まれていたのですね♪

ヤスタカさんのDJをバックに踊るきゃりーさんはいつもの振り付けではなく、手の振りや手拍子でお客さんを煽るクラブ仕様でした。

これにはDJ目当てのお客さんたちも大いに反応していました。

ファッションモンスターエナジーで大勢のお客さんがヘドバンしていたのにはきゃりーさんも驚いている様子でしたが、我々もヤスタカさんときゃりーさんの共演にはテンション爆上がりですからヘドバンは止まりません笑。

きゃりーさんがここで4曲を歌ってくれたのは大サービスでした♪


その後はヤスタカさんがフューチャリングするアーティストとの共演が続きました。

若いアーティストにはヤスタカも多くの刺激を受けているようで、お互いに肩を組み、笑顔で会場を煽りまくっていました。

Dancing PlanetでVERVALさんとこしこさんが一緒にステージへ現れ、この時会場のボルテージは最高潮に達したように感じました。

ラストはCAPSULEの名曲Starry Skyで締めです。

と、CAPSULEのお二人がステージを捌けるも、アンコールを求めて止まない手拍子。

「みんな遅くまでありがとう!

やるつもりじゃなかったけど。」

と再びヤスタカさんとこしこさんがステージへ現れて、これまた名曲のSugarless Girlでアンコールに応えてくれました。

最&高の音響と演出のステージで私が大好きなアーティストたちが共演するOTONOKOも3年目。

この先もずっとずっと続けてほしいイベントです。

OTONOKO 2018【きゃりーぱみゅぱみゅ編】

セットリスト
SE IYAHOI OP EDIT
01 原宿いやほい
02 にんじゃりばんばん
03 ちゃみちゃみちゃーみん
04 演歌ナトリウム
05 Crazy Party Night~パンプキンの逆襲~
06 つけまつける

衣装は十勝のフェスでも来ていた白黒のワンピース。

そしてバックダンサーにはいつもの女性ダンサーズと思いきや、元きゃりーキッズが何人かいるのが分かりました。

そのうちの2人はミニななちゃんと小粋ちゃんであることはインスタで判明。

あと2人のうち1人はカンナさんで、あと1人が分かりませんでしたが、とても久しぶりとなるこのメンツのバックダンサーにはテンション上がります。


さて、きゃりーさんのライブはと言うと、これまた私が大好きなライブスタイルでした。

基本的にはきゃりーさんが全曲に渡って本来の振り付けを踊り、ところどころでお客さんが同じ動きをしてくれるように会場を煽る。

きゃりーさんが踊っている時にはお客さんが思い思いに振りコピしたり、手拍子したり、ペンライトを振ったり、というのが好きなのですが、このOTONOKOはDJイベント。

DJ目当てのお客さんはきゃりーさんが踊っている時にどんな反応をしたら良いか分からず、じっときゃりーさんのパフォーマンスに見入っていたように感じました。

でも悪い反応ではないと思っています。

きゃりーさんが表現するステージに集中しているわけですから。

とは言え、きゃりーさんにとっては物足りなく感じさせてしまったのではないかなぁと心配しました。


セットリストも好きな構成でした。

いつものようにフェスで盛り上がる曲の中に最新アルバムの2曲を追加。

アルバムじゃぱみゅの曲はどれもフェス映えする曲です。

フェスではワンマンライブにはないお客さんの反応が起こりえますから、今後のフェスでもどんどん披露してほしいと思います。


きゃりーさんの出番の後の中田ヤスタカさんのDJでもきゃりーさんは登場しました。

その様子は別途記事にします。

OTONOKO 2018【CAPSULE編】

セットリスト
01 Another World
02 more more more
03 JUMPER
04 Hero
05 WORLD OF FANTASY(OPEN THE GATE mix)
05 グライダー

CAPSULEでの出演はロックインジャパンフェス以来と、待望しつつも出演の機会は多くありませんが、OTONOKOのメインアクトとして会場を最大限に温めてくれました。

フロントエリアにいても比較的自由に体動かせたので、JUMPERではこしこさんと同じように全力で首振りをさせてもらいました。

おかげでまだ頭痛が残っています笑。

イベントでの披露が久しぶりとなるWORLD OF FANTASYには同タイトルのアルバムの1曲目のOPEN THE GATEがミックスされていました。

これにはCAPSULEの活動としてまた新しいものが発信されることが予感されました。

CAPSULEとしてのライブだけじゃなく、新曲も心待ちにしています。

ラストはこれまたお久しぶりのグライダー。

最近のヤスタカさんが作る楽曲とは雰囲気が異なりますが、やはり色褪せませんね。

心地よかったです。

CAPSULEは今年のCOUNTDOWN JAPANへの出演が決定しているので、こちらも楽しみです♪

OTONOKO 2018【新しい学校のリーダーズ編】

セットリスト
SE 騎馬戦入場
01 席替ガットゥーゾ
02 恋の遮断機
03 狼の詩
04 ラップパフォーマンス(オートチューン、エンドレス青春)
05 最終人類

夏フェスで恒例となっていた騎馬戦入場を、秋の大運動会さながらにOTONOKOのステージでも披露されました。

会場から大きな手拍子が湧くものの、やはり特に意味はないそうです笑。


「みなさーん!こーんにちはー!」

SUZUKAが開口一番このご挨拶。

月曜日に同じ会場で開催された仮面ライダージオウのショーを真似た挨拶の再来です笑。

リーダーズはOTONOKOに3年連続で出演していますが、これまで奇抜ながらもお客さんにはクールな印象を持たれていたと思うので、可愛らしい一面を見せてくれたのは良かったと思います。

さらには歌唱一発目に席替ガットゥーゾです。

私はこれまでのOTONOKOと同じくダンスとボーカルを魅せるライブをするために毒花を入れてくるのかなと予想していましたが、リーダーズにはこんなロックな曲もあるんだよ、シャウトする曲もあるんだよという違う一面を示してくれて良かったです。

多様な嗜好のお客さんが集まるフェスでは何がお客さんに刺さるか分かりませんから。


恋の遮断機の導入小芝居でSUZUKAが好きな人と挙げたのは、もちろんOTONOKO主催の1組の中田(ヤスタカ)くん!

ヤスタカさん!来年こそはリーダーズをオープニングアクトでなく公演本編に組み込んでくださいね。

奇才と称されるH ZETT Mさんがプロデュースするリーダーズの楽曲にもっと注目してもらって、天才と称される中田ヤスタカさんとのフュージョンが見たいと思っています。

なお、SUZUKAとMIZYUの裏切り演技はとてもウケが良かったです。


狼の詩の後にはMCを入れ、ラップパフォーマンスへと続きます。

MCの内容はこんな感じでした。

「テクノロジーと音楽の祭典であるOTONOKOにこんなノーテクノロジーの小娘たちが出演しててすみません!

でも私たちもそんなバカではありません。

ちゃんと用意してきました。」

と、SUZUKAがいつも持っている無線マイクを置き、コード付きのマイクを手にしてしゃべり始めました。

「オートチューン!

馬鹿にしてませんよ。

私たちなりの表現を披露させていただきます。

Ah Yeah!RINちゃんビートちょうだい!」

オートチューンとはいわゆる『ケロケロボイス』にするやつです。

声に補正がかかった状態でSUZUKAがMCを、MIZYUとKANONが合いの手を入れるラップのスタートです。

Perfumeさんやきゃりーさんがヤスタカさんのプロデュースで曲作りを始めた時には声の出し方に苦労したという逸話は有名です。

歌う声の出し方だとオートチューンの効果が入りにくいそうで、小声で話すぐらいの感じだと綺麗に声が変わるそうです。

だから歌手としてのボイストレーニングを受けてきた人には馴染みにくい手法ということです。

SUZUKAはもともと地声が良いですから、オートチューンの効果はほとんどなかったように感じました。

でも色々試してみることは大事です。

ちなみに、RINのサンプラーの打ち込みに歓声が上がっていたのが印象的でした。

DJイベントを好むお客さんたちも納得の打ち込みだったということですね。


『エンドレス青春』の掛け声から突入する最終人類では、やはりと言っていいほど会場がざわざわします。

MIZYU、KANON、RINが立った状態からブリッジし、いったん仰向けになった後はその状態から手を使わずに立ち上がる。

このインパクトは絶大です。

間奏の『パンパパン!』の手拍子も大きかったです。

この辺はDJ卓で音出しをしていたDJ兼アジテーターのOTAさんの煽りが秀逸だったのだと思います。


去年は大きなステージ、大観衆の前で緊張感を見せていたリーダーズメンバーも今回は伸び伸びとパフォーマンスしていたように感じました。

ロッキンやサマソニのステージに立ったことは相当な自信になっていると思います。

今後はこれぐらいの規模のフェスへの出演が当たり前になってくると想像しています。

まずは年末最大のフェスイベントであるCOUNTDOWN JAPANにお呼ばれすることを期待しています。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示