FC2ブログ

JAPAMYU HALL TOUR 2018@結城市民文化センター

ネタバレは後ろに書きます。

大盛り上がりだった新潟公演から一転、茨城公演はちょっぴり違和感が残るものとなりました。

声を出したり、踊って動きを見せるお客さんが片隅にまとめられているかのように、会場の盛り上がりにムラがあるように感じたのです。

思ったのは、ファンクラブ先行チケットの座席は後ろの方に配置され、前の方はファンクラブ会員以外の茨城の地元枠になっていたのではないかということ。

きゃりーさんがツアーで自分の住んでいる地方に来てくれた時だけでも、きゃりーさんのライブに参加してくれるお客さんがいるということが大事なのは重々承知しています。

ただ、ここぞというポイントで踊ったり声を出してきゃりーさんのパフォーマンスに反応してきゃりーさんの気分を乗せられるかという点に関しては、全国あちこちのきゃりーさんのライブに顔を出すファンとライブに対する温度差があることは否めません。

私が感じた違和感はきゃりーさんも気づいていたようです。

2曲目あたりから『なんかいつもと違う…』という表情をきゃりーさんがしていたように感じました。

通常の公演であれば、最前列から後ろの列へ行くにつれてライブの乗り方が控えめになっていくようなグラデーションが生じますから、盛り上がっている集団がステージから離れた何箇所かにまとまっていれば、おかしいなと感じるものと思います。

「今日のお客さんは元気が良いですね!」

と新潟に引き続きMCできゃりーさんのこの言葉がありましたが、文字通りこの言葉受け取ってはいけないのが、これまたきゃりーさんらしさでもあります。

きゃりーさんの面白いところは真逆の感情を同じ言葉で表現すること。

上記の言葉の意味に『今日は本当にすごい!』という時と『もっと声出せるでしょ!?声出して!お願い!』っていう時の2パターンあるのです。

茨城は後者だったように思いました。

違和感があったと言っても盛り上がらなかったわけではありません。

その地方の雰囲気に合わせてお客さんの煽り方やパフォーマンスの魅せ方を変え、どのお客さんもきゃりーワールドに引き込むことができるのも今のきゃりーさんの強みです。

全国あちこちでライブの雰囲気が異なるからこそ、ツアー遠征は面白いのです。

これからまだまだこの面白いことが続きそうです♪

以下ネタバレです。

続きを読む

スポンサーサイト

アソビタリナイ@代官山LOOP

セットリスト
01 ドリーミー・ワンダー P→★ Remix
02 マスクマスク P→★ Remix
03 Growing Pains
04 Find A Way
05 ミイラキラー
06 LOLLiPOP

今日のライブはハロウィン仕様でやる、とメンバーが事前に宣告していた通り、最初の2曲はカッコいいリミックスになっていました。

P→★が音作りしたとのことです。

振り付けもこのために刷新されていて、いつも以上にキレッキレでした。

メンバーの名前をコールできるソロパートがあるのも特筆すべきポイントですね。


最初のMCは主にKARINが担当。

さきほどのP→★のリミックスについての説明の後に『もうすぐハロウィンなので」という言葉が続いたので、翌日10/27にDJ P→★が出演するKAWAII MONSTER CAFEのイベント以外にTEMPURA KIDZが出演するイベントがあるのかな?と期待しましたが、やっぱりDJ P→★の件でした笑。

あと、代官山LOOPの10周年を祝う言葉と、5年前にTEMPURA KIDZが3マンライブで代官山LOOPに出演した時の思い出を語っていました。

なぜか私はTEMPURA KIDZの2マンや3マンのライブには縁がないようで、この辺の思い出がないのは致し方ないところ。


Growing Painsの曲振りの際には、お客さんにタオルなど回せる物を用意するように指示を出します。

「温泉にあるタオルみたい!」と明らかにグッズでないタオルを掲げていたお客さんをメンバーが弄り出しましたが、深くは触れません笑。

メンバーは会場のお客さんを良く見ています。

普段TEMPURA KIDZのライブで前の方にいてオイ!オイ!の掛け声を入れてもあまりお客さんが乗ってくれる雰囲気がないので、今日はやや下がったところに位置取ることにしました。

すると、最初の間奏から大声のオイ!オイ!が。

さらに落ちサビでは大勢のケチャがステージのメンバーに捧げられていたのです。

単純に私が回りを見れていなかっただけでしたね。

こうした会場の反応にメンバーも表情が緩んでいました。

鬼気迫る表情と笑顔のパフォーマンスのコントラストがTEMPURAライブの醍醐味でもあります♪


続くFind A Wayのサビも手を振り下ろす系のリミックスになっていました。

ん?もしかしてこれがRAM RIDERさんが言っていた完成版のFind A Wayなのでしょうか?

ラストサビのようにジャンプしまくるのも好きですが、TEMPURA KIDZの持ち曲には珍しいヒップホップにアレンジされたFind A Wayではこちらの方が合っていると思いました。

フェスなどで披露した時にTEMPURAファン以外の人がどう乗ってくれるか楽しみな曲です。


間奏で大声の『Hey!』の掛け声が入るミイラキラーに続くラストの曲はLOLLiPOP。

この曲もいつもとは異なり、サビの最初から高速ワイパー(手を左右に振る)になっていました。

ここまでガンガンにお客さんを煽りつつ圧倒的なダンスパフォーマンスを魅せてきたのですから、最後までお客さんを全力疾走(?)させるのはとても良い工夫でした。

おかげで30分のライブなのに、はしゃぎ疲れました笑。


そうそう。

メンバーのボーカルもこれまで以上に情緒豊かなものになっていました。

特にYU-KAとAO。

しっかりボーカルのレッスンも積んでいるのですね。

もっともっと披露の機会があると良いなと思います。

Recitation~Daikanyama LOOP 10th Anniversary~

代官山LOOPの10周年を記念した対バンイベントでした。

平日の代官山LOOPにも関わらずお客さんが多く(←失礼)、会場に到着した時にはフロアがパンパンでした。

おかげでリーダーズ目当てのお客さんの多くはフロア最後方に位置することに。

リーダーズメンバーがステージへ登場した時には意外そうな表情をしているように見えましたが、ファンの大方はサラリーマンですもの、そういうことはあります。

セットリスト
SE チャイム
01 席替ガットゥーゾ
02 キミワイナ'17
03 宮尾
04 恋の遮断機
05 雨夜の接吻
06 狼の詩
07 ラップパフォーマンス(エンドレス青春)
08 最終人類

長めのチャイムの音が鳴り終わると、スカートをマントのように捲り上げたメンバーがステージへ登場。

すなわち、1曲目は席替ガットゥーゾ!

イントロから始まるオイ!オイ!の掛け声はフロアの後ろから大音量で響き渡り、フロントエリアにいた他のアーティストが目当てのお客さんはびっくりしてキョロキョロしてました。

リーダーズのファンは会場の1割ぐらいだったと思いますが、『絶対にリーダーズをアウェイにしない!』という想いが重なり、それが掛け声に乗り、メンバーに届いていたものと思います。

いつにも増してリーダーズのパフォーマンスがすごかったです。

メンバーのあれほどの鬼気迫る表情はあまり多く見られるものではありません。

これまでもアウェイの時ほど気迫のライブを見せてくれたリーダーズですが、今日はメンバーの想いとファンの想いが相乗していたように感じました。


キミワイナ'17の導入小芝居は一段とキレを増し、お客さんの反応はめちゃくちゃ良かったです。

ここで笑い声を上げるのはリーダーズ初見の人たちですから、多くの人たちにリーダーズのパフォーマンスを受け入れられていると感じたようで、メンバーも安堵の表情だったように思います。

いつもライブに顔を出している我々もできれば笑って反応してあげたいところですが、それよりもこういう小芝居でのメンバーの可愛い表情に見入ってしまってしょうがないのです←


そしてメンバーが見慣れないひし形のフォーメーションを取れば…そう!宮尾!

見慣れないとは書きましたが、宮尾は10日ほど前に開催されたはみ出しフェスティボーでも披露されています。

宮尾は滅多に披露されないからこそ、セットリストに組み込んでくれた時にはファンのテンションが一気に沸点を超えていく超強力な一曲になっています。


ここまでワイワイはしゃぐ曲が続いた後は圧倒的な世界観に見入りつつ、じっくり曲に聞き入ることができる恋の遮断機、雨夜の接吻、狼の詩と続きます。

こういうセットリストは本当に秀逸です。

どんなお客さんでもステージから目を離せないと思います。

事実、リーダーズがライブ出演するたびに後日のイベントでリーダーズ目当てのお客さんが増えていますから、リーダーズの工夫は確実にお客さんへ届いているわけです。


恒例となったRINのサンプラー打ち込みから始まるラップパフォーマンスは少し長くなっていました。

SUZUKAのMCもグレードアップしていて、毎度のことながらSUZUKAの多才さには驚かされます。

『エンドレス青春!』の合いの手の直後から始まる最終人類はやはりお客さんの反響は大きく、リーダーズがステージを退場する時には大歓声と大きな拍手が生まれるのです。

いつも感動してしまうシーンです。


リーダーズのライブはステージから離れて見ると、近くで見た時には気づかないメンバーの細かい振りや表情に気づくことができます。

特にSUZUKAのパフォーマンスは毎回更新されているので見応えがあります。

ステージから距離はありましたが、今日も楽しいライブでした♪

JAPAMYU HALL TOUR 2018@新潟県民会館

ネタバレは後ろに書きます。

新潟公演がものすごいことになりました。

きゃりーさんもこれまでのじゃぱみゅツアーの中でも一番に声が出ていると評したほどです。

しかも多くのお客さんがきゃりーさんの指示する振りを全て真似し、きゃりーさんが踊っている時は振りコピしたり、手拍子したり、ペンライトを振ったりと思い思いに楽しむという動きもありました。

何より、きゃりーダンサーズもきゃりーさんと心を合わせるかのように積極的にお客さんにレスをするようになっていて、ステージ上の一体感が増していたのが印象的でした。

この流れは過去のきゃりーさんのツアーで新しく入ったきゃりーキッズのパフォーマンスが変化していったのと同じだと感じています。

きゃりーダンサーズを見ながら振りコピをしたり、主役のきゃりーさんだけでなくバックダンサーを熱心に見たりするお客さんがいれば、プロのダンサーさんならそんなこと思いもよらないでしょうし、普通最初は戸惑うと思います。

これらのお客さんの反応がきゃりーさんのサブ的な役割でなく、きゃりーさんと一緒にライブを作り上げているという自覚につながり、パフォーマンスも変化させている理由だと考えています。

あ、もちろん私は目の前にいるきゃりーさんを無視してきゃりーダンサーズを見ているわけでは決してありません(汗)。

きゃりーダンサーズに注目すべきと思う時だけダンサーズの振りコピをしたり、視線を送ったりしています。

次々と過去最&高を更新していくじゃぱみゅツアーは進化を続けていきそうです。

まだツアーの折り返しにも来てませんから、今後が楽しみでしょうがありません♪

以下ネタバレです。


続きを読む

OTONOKO 2018【中田ヤスタカ編】

セットリスト
01 バーチャルぱみゅぱみゅ
02 音ノ国
03 ファッションモンスターエナジー
04 Level Up(Watch me mix) ft. banvox
05 Jump in Tonight ft.眞白桃々
06 DJノブナガのメインテーマ
07 White Cube ft.苺りなはむ
08 Game Changers ft.TeddyLoid
09 FUSION Remix
10 キズナミ
11 CANDY CANDY Remix
12 TOKYO GIRL
13 Dancing Planet ft.VERBAL
14 Starry Sky
アンコール
15 Sugarless Girl

きゃりーさんがステージを捌けるとヤスタカさんがDJ卓に登場。

そして流し始めた曲はなんとバーチャルぱみゅぱみゅ!

これを出囃子にきゃりーさんがステージへ再登場。

出番を終えたばかりのきゃりーさんとヤスタカさんが早速の共演です。

先ほどのきゃりーさんの持ち時間が30分と予定より短いなぁと思っていたのですが、最初から共演が組まれていたのですね♪

ヤスタカさんのDJをバックに踊るきゃりーさんはいつもの振り付けではなく、手の振りや手拍子でお客さんを煽るクラブ仕様でした。

これにはDJ目当てのお客さんたちも大いに反応していました。

ファッションモンスターエナジーで大勢のお客さんがヘドバンしていたのにはきゃりーさんも驚いている様子でしたが、我々もヤスタカさんときゃりーさんの共演にはテンション爆上がりですからヘドバンは止まりません笑。

きゃりーさんがここで4曲を歌ってくれたのは大サービスでした♪


その後はヤスタカさんがフューチャリングするアーティストとの共演が続きました。

若いアーティストにはヤスタカさんも多くの刺激を受けているようで、お互いに肩を組み、笑顔で会場を煽りまくっていました。

Dancing PlanetでVERVALさんとこしこさんが一緒にステージへ現れ、この時会場のボルテージは最高潮に達したように感じました。

ラストはCAPSULEの名曲Starry Skyで締めです。

と、CAPSULEのお二人がステージを捌けるも、アンコールを求めて止まない手拍子。

「みんな遅くまでありがとう!

やるつもりじゃなかったけど。」

と再びヤスタカさんとこしこさんがステージへ現れて、これまた名曲のSugarless Girlでアンコールに応えてくれました。

最&高の音響と演出のステージで私が大好きなアーティストたちが共演するOTONOKOも3年目。

この先もずっとずっと続けてほしいイベントです。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示