FC2ブログ

狼の詩リリースイベント@タワレコ渋谷

開演30分前にタワレコ渋谷へ到着したところまだお客さんはまばらでしたが、開演時刻が近づくにつれてあれよあれよと言う間に4階のイベントスペースは埋まっていき、『前にお詰めください』というスタッフさんの案内が2度、3度あるほど多くのお客さんが集まりました。

開演5分前にはリハーサルのためにメンバーがステージに登場。

SUZUKAが恋の遮断機を歌い出したのですが、いつも以上に無表情を装っているのが分かりました。

お客さんが多く集まってくれたことが嬉しすぎて、ニヤニヤが止められなかったのだと私は感じました笑。

恋の遮断機を1コーラス歌い終えたところで、

「この後はよろしくお願いします!」

と丁寧に挨拶をして、一旦バックヤードにはけていきました。

定刻になるとタワレコのスタッフさんの呼び込みでミニライブスタートです。

セットリスト
狼の詩(SUZUKAソロver.)
雨夜の接吻
毒花

事前にリリイベ特別バージョンと告知していたのは、なんと狼の詩をSUZUKA一人でパフォーマンスするというものでした。

振り付けもこの日のためだけのもの。

歌詞は昭和、音はジャズ、そしてフリースタイルダンスをベースとする平成生まれのSUZUKAのパフォーマンスが心地良く融合し、これまでに見たことのない新しいジャンルの確立の始まりを目撃した気がします。


狼の詩を歌い終わるとステージ袖にはけていた他のメンバーを呼び戻し、MCに入ります。

「これまでのライブで狼の詩を見たことある人?」

と問えば、1/3ぐらいの人が手を挙げました。

狼の詩が披露されたのはこの日以前に4回。

3回のフェス出演およびH ZETTRIOさんのワンマンライブでのゲスト出演です。

過去のリリイベでは、リリイベやリーダーズ主催イベントにしか顔を出さないファンしか集まらなかったのが、これは大きな変化です。

やはりロッキンやサマソニへの出演や、H ZETTRIOさんのワンマンライブのゲスト出演のインパクトが相当大きかったものと思います。

とても感慨深かったです。


続くは雨夜の接吻。

SUZUKAのソロパフォーマンスに負けじとMIZYUのボーカルも一層パワーアップしていました。

メンバー同士で切磋琢磨できるというのも良いですね。

私は後ろで見ていたのでステージの全容は見れませんでしたが、人垣の合間に見えたRINやKANONの表情もぎゅっと引き締まっていて、そのパフォーマンスには背筋がゾクゾクしました。


リハで恋の遮断機を披露したにもかかわらず、ラストは毒花。

いや、これがまた良かったんです。

毒花もライブらしいライブができる曲に成長していますから。

サビでは大きな手拍子、ソロパフォーマンスがあるところではメンバーの名前を呼ぶ大きな声。

なんかもう、感動してしまいました。

ライブ終了後には第五回はみ出しフェスティボーの告知もありましたが、この感じでいくとキャパ250の青山RizMではあっという間にチケットが売り切れてしまうのではないかと思います。


ミニライブ終了後の特典会では、リーダーズメンバーはとても良い顔をしてました。

まだまだ続く夏フェスの出演ではどんなパフォーマンスを魅せてくれるか楽しみです♪
スポンサーサイト

MUSIC MONSTERS 2018 - summer -

セットリスト
SE 騎馬戦入場
01 毒花
02 キミワイナ'17
03 恋の遮断機
04 雨夜の接吻
05 狼の詩
06 席替ガットゥーゾ
07最終人類

ロッキンとサマソニの時には前の出演者の演奏終演後にはフロントエリアがスカスカになっていましたが、この日はリーダーズをお目当てに早くから最前列が埋まりました。

おかげで、これまでリーダーズの出番のタイミングで会場に到着しても最前列に位置取ることができていた私も2列目になってしまいましたが、この状況には嬉しさがありました。

ぜひぜひ多くの人にリーダーズの本物のライブを目に焼き付けてほしいと思ったからです。


さて、リーダーズの夏フェスのステージ入場方法として恒例となった騎馬戦はさらに駆け足の速さが増して、メンバーが素早くステージ上を往復していきました。

でも、特に意味はありません笑。

「毒花。」

とSUZUKAが静かな曲振りをする毒花は、他のどんなアーティストのライブを見ていても異質な感じで、この1曲でリーダーズの世界観に引き込まれる雰囲気のある大事な曲だと思っています。


続くキミワイナ'17の曲振りは、MIZYUのセリフに合わせて他の3人が足踏みをしてフォーメーションを作る短縮形になっていました。

持ち時間に合わせて色々なバリエーションを組み合わせて工夫してますね。

さらに続く恋の遮断機の寸劇では、なぜかSUZUKAのマイクがオフにされてしまっていたようで、それに気づいたSUZUKAが地声でセリフを話し始めました。

一緒に芝居をするMIZYUのマイクはオンのままであったものの、SUZUKAに合わせるようにMIZYUも地声でセリフを言い出したのは良い機転でした。

リーダーズの楽曲のメインボーカルを務めるSUZUKAとMIZYUは声量がありますから、ミュージカルを見るかのように二人の声が会場に響いていました。

音響係のミスではありますが、貴重の光景でした。

ちなみに、恋の遮断機で3人がベースを弾く振りをするところでMIZYUだけ特大のウッドベースを弾く振りになっていました。

おそらく先日共演したH ZETT NIREさんの影響を受けてのことだと思いますが、かなり本格的なエアウッドベースで、本物のウッドベースが目に浮かびました。


MIZYUが桜の枝を持ち出すと、雨夜の接吻の2回目の披露です。

この次の曲の狼の詩との間には、リーダーズが生まれる前に活躍された伝説の名作詞家『阿久悠』氏の紹介に触れ、自分たちなりに精一杯表現させてもらったと曲振りをしていました。

この2曲もH ZETT Mさんが作曲を手がけ、これまでのどの曲よりもジャジーに振り切った曲になっています。

毒花とワカラナイでデビューした時のように、お客さんとしては手拍子したり掛け声を入れたりしにくい曲調ではありますが、メンバー自身が手拍子の煽りを入れてきたことがこの日一番感心したことでした。

お客さんにどうしてもらいたいか伝えることは大事ですから。


ここで一転、

「シャウトしてみませんか?!」

とSUZUKAが言い放って始まったのが席替ガットゥーゾ。

オイ!オイ!の掛け声が入るのはまさにロック。

これだけ曲にバリエーションが増えていくと、リーダーズがどんな音楽イベントに出演しても、そのライブが受け入れられそうな気がしています。


「マイクを持たずにはいられない。踊らずにはいられない。」

というSUZUKAのMCが入り、

「RINちゃんリズムちょうだい。」

とRINがサンプラーでビートを刻めば、『末期症状』の韻を踏んだラップを披露し始めました。

ラップパフォーマンスもますますパワーアップしてました。


ラストは定番になっている最終人類。

この曲が終わって会場を振り返ると、『おぉ~!!!』という感嘆の声が響き、拍手が鳴り止まないのです。

リーダーズの夏フェス出演は完璧に成功だと感じるシーンなのです。

こうしてリーダーズのライブに感銘を受けたお客さんが繰り返しリーダーズのライブに来てくれると良いのですが。

必ずそうなることは確信していますが、今年末ごろには開催されるであろうと予想しているリーダーズのワンマンライブがなかなか告知されないのがやきもきするところ。

鉄は熱いうちに打てということで、フェスでリーダーズを知って、勢いでリーダーズ主催ライブのチケットを買ってもらうというのも一つの手なんじゃないかなと思っています。

ニューシングルの狼の詩のリリースがあと3日後に控えていますが、そのタイミングで何かしら新しい情報公開があるのかもしれません。

SUMMER SONIC 2018

セットリスト
SE 騎馬戦入場
01 毒花
02 狼の詩
03 恋の遮断機
04 最終人類

ロッキンと同じく騎馬戦での入場でした。

『続いてのプログラムは新しい学校のリーダーズです!

皆さん拍手をお願いします!』

影アナの声でSUZUKAがメンバー3人に担がれて全速力でステージを往復していきました。

『特に意味はありません!』

と締め、メンバー4人がステージ上に整列です。


メンバーの表情がぎゅっと引き締まると、

「毒花。」

とSUZUKAの静かな曲振りで歌唱スタートでした。

ここ最近リーダーズが出演するステージはそこら辺のライブハウスとは比較にならないほど大きなステージばかりですが、ステージが大きくなるほどにメンバーの歌声もダンスパフォーマンスもキレを増しています。

見応えがあります。


ここで定番の挨拶と口上です。

MIZYUのでんぐり返しもきれいに決まっていました。

伝説の作詞家『阿久悠』氏の作品であることを告げ、続くは狼の詩でした。

それまでJUNGLE STAGEに出演していたアーティストとはまったく異なる本格的な歌唱と前衛的なダンスに、会場を埋めた多くのお客さんたちがリーダーズのライブにのめり込んでいたものと思います。


恋の遮断機の寸劇ではやはり笑い声が起き、

「こいつ裏切るんです!」

の説明には『まじかー?!』と思わずお客さんからの突っ込みも入りました。

狙った通りのお客さんの反応には、いつも見ているファンとしてはニンマリしてしまいますね笑。

そして、

「恋の遮断機。」

とMIZYUが静かに曲振りをするシーンでは会場全体の空気がガラッと変わるのです。

お客さんもただならぬ雰囲気を感じ取っているのでしょうね。


「次で最後ー!ここで集中!ここで集中!

学生の全力ぶつけていくぞ!

最終人類。」

最終人類のイントロのMIZYU、KANON、RINのブリッジには毎度ながら会場がザワつきます。

メンバーはますます気合いの入ったパフォーマンスを繰り広げていました。

私もけっこうな頻度でリーダーズのライブを見ているはずなのに、このラストスパートにはいつも感動しきりです。


JUNGLE STAGEのキャパの半分以上を埋め、終演後のお客さんの反応を見ても、リーダーズのライブを絶賛するものばかりでした。

きっと来年もサマソニ出演の声がかかると思いますし、場合によってはより大きなステージを組まれる可能性もあると思います。

今後のリーダーズのステップアップが本当に楽しみです♪

新しい学校のリーダーズ@日比谷野外音楽堂

リーダーズがH ZETTRIOさんのツアーファイナルのゲスト出演するということで日比谷野音へ行ってきました。

歌唱曲
01 恋の遮断機
02 雨夜の接吻
03 狼の詩

H ZETTRIOさんのライブが後半戦に差し掛かり、1曲目が終わった後からリーダーズの出番でした。

恋の遮断機の演奏が始まるとリーダーズメンバーがステージ上に登場。

恋の遮断機は4/21のリーダーズのワンマンライブでもコラボしてますが、やっぱり生演奏良いですね~♪

SUZUKAの歌声がよりジャズボーカルっぽく聞こえました。


と、ここでH ZETT Mさんからリーダーズの紹介がありました。

リーダーズがデビューから1年ちょっとであること、リーダーズのデビューからすべての楽曲をH ZETT Mさんが手がけていること、恋の遮断機、狼の詩、雨夜の接吻ではH ZETTRIOさんが演奏していることを述べていました。

続いてリーダーズメンバーの挨拶です。

「ご来場の皆さんこんばんは。

個性や自由ではみ出していく~!

あたぁらしぃ学校のリーダーズ!ボーン!」

とでんぐり返しでした。

恋の遮断機の寸劇はなかったので、会場の雰囲気的にいつものやつは外してくるのかなーと思っていましたが、見事やってくれました笑。

ゲスト出演に招いてくれたことに対してH ZETTRIOさんにメンバー一人ずつ感謝を述べていました。

「若輩ものではありますが、精一杯表現させていただきました!

よろしくお願いします!」

のSUZUKAの言葉の後、

「それではお返しします。」

と再びH ZETT MさんのMCに戻りました。

H ZETT Mさんもけっこうはみ出したトークをするので良いコンビだなと思いました笑。


初披露となった雨夜の接吻は、桜の枝を持ったMIZYUがメインボーカルです。

メローな曲調であまり激しいダンスを見せる曲ではありませんが、しっとりした世界観に引き込まれる感じでした。

一転して狼の詩はアップテンポな曲です。

イントロでメンバーが側転をすると大きな歓声が上がっていました。

意外なことにH ZETTRIOさんのファンは手拍子を入れるのが好きなご様子で、この日披露した3曲ともにところどころ手拍子の音が聞こえてきました。

狼の詩を歌い終われば大きな拍手と歓声で称えられていました。

この光景には感動です。

最後も会場に向かって

「ありがとうございました!た!た!た!」

があり、さらにH ZETTRIOさんに向き直って、

「ありがとうございました!た!た!た!」

とポーズを取って、

「下校ー!!」

の掛け声で退場していきました。

このパフォーマンスには会場のお客さんも呆気にとられた様子で、しばらくザワザワしてました笑。

リーダーズが偉大なH ZETTRIOパイセンのワンマンライブのゲスト出演したことを目撃できたのはかけがえのない体験だと思います。

今度はリーダーズがより大きくなってH ZETTRIOパイセンを自分たちのライブにゲストとして呼べるようになると良いなぁと思いました。



代官山LOOP アソビタリナイ

セットリスト
01 ダンスナンバー
02 ミイラキラー
03 マスクマスク
04 Find A Way
05 Growing Pains
06 はっぴぃ夏祭りshort ver.
07 LOLLiPOP

定刻になって場内が暗転すると、聞き覚えのないメロディが流れてきました。

P→★が作曲したという新しいダンスナンバー用の楽曲です。

ダンスナンバーもこれまでのライブから一新されていました。

ふと気付いたのが、DDよさこいチームが2018年高知よさこいの金賞受賞が決まった後のラスト2つの演舞でTEMPURAメンバーが見せたビーストモードの振り付けではないか、ということ。
(高速のヴォーグと鬼気迫る形相のメンバーの表情からビーストモードと私が勝手に名付けました。)

ダンスの迫力に心を奪われて曲の印象があまり残っていないので、次回はしっかり聞き取ろうと思います笑。


続くは定番のミイラキラーとマスクマスク。

メンバーがステージ前方まで出てきて、『HEY!』の掛け声とキツネワイパーを煽り立てました。

ダンスナンバーでTEMPURAメンバーの迫力に圧倒されていたと思われるお客さんも、ここでようやくライブに参加し出していた気がします。


ここで一旦MCです。

YU-KAがお客さんに「夏休み何した?」と問いかければ、すかさず『高知行った!』と素晴らしいアシストパスが飛んできました。

YU-KAは関東から高知まで応援に駆けつけてくれたファンへの感謝の言葉を述べ、よさこいで金賞を獲得した活躍に触れていました。

と、ここでどうももじもじしていたKARINがしゃべり始めます。

うろ覚えですが、こんな流れだったと思います。

「これからFind A Wayという曲をやるんですけど、私明日親知らずを抜きます。」

唐突な話題変更にP→★からは茶々が入りました。

「高知よさこいの時に頰がパンパンになるくらい親知らずが痛くてしょうがなかったんです。

なので、親知らずを抜くという道を決めました!」

うまく曲振りが決まりましたね。

メンバーからも絶賛されていました。


大勢がタオル回しをしたGrowing Painsに続いたのが、久々のはっぴぃ夏祭りでした。

ショートバージョンではありましたが、オイ!オイ!の掛け声が入るライブらしい曲です。

メンバーのコミカルな表情も見られるので好きです。


最後はLOLLiPOP。

「最後はジャンプしてください!」

とP→★が煽ったラストのサビは大盛り上がりでした。

最近ところどころで見られるAOさんとP→★の掛け合いは、なんとなくAOさんがNaNaHoの役割を担うようになったのではないかと思い始めました。

ライブ中にメンバーが見せる笑顔の掛け合いはTEMPURAライブの醍醐味の一つでもありますから、こうしたAOさんの機転で最新のバッキバキでカッコいいTEMPURA KIDZのライブと旧来からのTEMPURA KIDZの魅力がうまく融合している気がします。

AOさんばかりに注目してしまいましたが、この日のTEMPURAメンバー全員が笑顔満開で、過去最&高に楽しかったことは言うまでもありません!

FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示