FC2ブログ

やついフェスティバル2018【TEMPURA KIDZ編】

セットリスト
01 ミイラキラー
02 Find A Way
03 好きだ 好きだ 大好きだ!(間奏でダンスナンバー)
04 ONE STEP
05 Growing Pains
06 LOLLiPOP


RAM RIDERさんの後のステージ転換の時、フロントエリアにぞろぞろと集まってきたのは普段TEMPURAライブの現場では見かけない若者たちでした。

どうやら過去のTEMPURA KIDZのライブでのP→★のレスの良さに感動していたようで、仲間たちに絶賛している話し声が聞こえてきました。

嬉しかったです♪


さて定刻になって流れてきた出囃子は、THE BLOCK PARTY Vol.5でDJ P→★が流したものと同じだった気がします。

挨拶がわりの短いダンスナンバーの後はミイラキラーに突入。

間奏で「Hey!」と観客を煽り立てつつ、メンバーが四方に散らばって満面の笑みでレスを振りまいていました。

それでいてダンスパートになればバッキバキのパフォーマンス。

間にはP→★が流暢な英語で「Make some noise!」と煽っていました。

お客さんの心の掴みはバッチリでした。

さらに続くはFind A Way。

TEMPURAメンバーの表情がグッと引き締まると、周囲のお客さんもステージに向ける集中力が高まるのを感じました。

本当にこの曲は強烈です。


ここで一旦MCに入りました。

過去には客席に背を向けて水分補給して振り返ったらお客さんが半分になっていたことがあった、というトラウマについて何度も触れていました。

そりゃKARINが「次行こうよ!」と催促する気持ちも分かります。

自虐で笑いを取るのは悪くありませんが、自分たちの魅力をアピールする時間の方が大事です。

その他のMCの内容としては、mysta festaで共演したやついさんに直談判して出演にこぎつけたこと、メンバーの背が低いから後ろのお客さんから見えるように靴を底上げしてきたということ、それと7/21のASOBIFES!!の告知でした。


「久しぶりの曲をやります。」

とYU-KAが曲振りしたのは好きだ 好きだ 大好きだ!です。

と、この曲の間奏ではワンマンライブで初披露され、以降のライブでも1曲目に組み込まれていたP→★作曲のダンスナンバーが入りました。

TEMPURAファンからはメンバーの名前を呼ぶ大声のコールがありました。

ポップな曲調の好きだ 好きだ 大好きだ!とダンスナンバーの緩急に、多くのお客さんは俄然前のめりになっていた気がしました。


次のONE STEP、そしてGrowing Painsそれぞれの間奏では大声のオイ!オイ!の掛け声がありました。

フェス系イベントならではの光景で、いつもオイ!オイ!を仕掛けている私としては一番嬉しいシーンです笑。

ラストのLOLLiPOPのサビは大勢のお客さん一体になれるワイパーの煽りでした。

終演後には『すごい!楽しかった!』とTEMPURAライブを絶賛する声が周囲から聞こえてきました。


ただ気になったのは、40分の持ち時間でなんと6曲…

終演後時計を見たら10分も持ち時間を余していました。

普段は持ち時間30分までのライブが多いから、メンバーの勘違いがあったのかもしれません。

MCもライブ中の煽りもメンバー全員参加型になって、気持ち良くライブが進行するようになってきただけにちょっともったいなかったですね。
スポンサーサイト

やついフェスティバル2018【新しい学校のリーダーズ編】

セットリスト
SE チャイム~Space Dust
01 席替ガットゥーゾ
02 キミワイナ'17
03 恋の遮断機
04 ワカラナイ
05 毒花(歌い出しアカペラ)
06 最終人類
07 ピロティ
08 学校行けやあ゛

ステージ転換中に公開リハーサルがあったので、ある程度はセトリが予想できていました。

ステージ上に持ち込まれた極端にマイクの位置が低いスタンド2本と大小のマイクスタンド2本。

前者は席替ガットゥーゾ、後者はMIZYUがメインボーカルのワカラナイとSUZUKAがメインボーカルの恋の遮断機です。

ところが一点不明だったのが、RINがセットしていたサンプラーのような機材。


(こういうやつです。)

ここで恋の遮断機のイントロでMIZYUとSUZUKAの振りのチェックが入ると会場から湧き上がる拍手。

さらにRINが再登場して先ほどのサンプラーの音量チェックを始めると、聞こえてきたのは『あたぁらしぃ学校のリーダーズ!ボーン!』でした。

つまりはMC中のボイスサンプルなどの音出しは自分たちでやろうという初めての試みでした。

もうこのあたりから会場から笑い声が起き始め、すなわち新しい学校リーダーズ目当てで大勢のお客さんが集まっている感触がありました。

終演後に分かったことですが、なんとリーダーズが出演したasiaは来客数がキャパを超え、入場規制がかかっていたそうです。


定刻になってチャイム音といつもの出囃子が流れてメンバーが登場すると、『あたぁらしぃ学校のリーダーズ!』でポージング。

「休めー!気をつけー!礼!」

「ご来場の皆様こんばんは!僕たち!私たちが!』

『あたぁらしぃ学校のリーダーズ!ボーン!』

とRINがサンプラーのスイッチを押してすぐさまポージング。

「模範的なやつばかりが評価される~」の口上が始まり、今度はMIZYUがサンプラーをいじって

『あたぁらしぃ学校のリーダーズ!ボーン!』

で、でんぐり返し。

MIZYUのでんぐり返しはやたら勢いよく飛び込んでいて、床で体がバウンドして着地の時は体が横を向いていました。

思わず目の前にいたMIZYUに『大丈夫かぁ…?』と声が出てしまいました。

「私たちこんな感じですけど、一所懸命ライブさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします!」

とSUZUKAのMCの後流れてきたのは席替ガットゥーゾのイントロ。

この日はマントに見立てたスカートの捲り上げは見られませんでした。


続くキミワイナ'17の曲振りはMIZYUの独演です。

「マラソン大会での裏切りを必要以上に壮大に表現した曲をこれから披露させていただきます。」

この言葉に会場がドッと湧きました。

恋の遮断機のKANONの曲振りにもお客さんの反応が良かったです。

もうね、時代がリーダーズに向かって来ていると言うしかありません。

ちなみにSUZUKAの好きな人の名前は『5組のやついくん』でした笑。


この後はワカラナイ、毒花と、リーダーズのボーカルをじっくりお客さんに聴かせるセトリで進行します。

‪最終人類の曲振りはもちろんSUZUKA。‬

‪リーダーズの少し前にasiaで出演していた作詞のモーモールルギャバンのゲイリービッチェさんに感謝を述べつつ、詩の内容には‬

‪「重い!‬

‪けど私たちなりに精一杯応えさせていただきました!‬

‪とくとご覧ください!」‬

‪という宣言は本当に良かったです。‬

途中クリトリック・リスさんを真似たMCも面白かったですし、ここまでの進行の仕方は‪会場に集まったお客さんを完全に虜にする起爆材になった気がします。‬

‪ラスト3曲の盛り上がりは過去に見たことのないものでした。‬

ピロティの曲振りはRINがサンプラーのドラム音で4つ打ちを入れながら『one for all. all for one』のコール&レスポンスでした。

ピロティがもっと知れていけばそのうち本当に大合唱が生まれそうです。

そして、久しぶりとなる学校行けやあ゛で大団円を迎えました。


終演後の物販はリーダーズメンバーが立つことはありませんでしたが、グッズが飛ぶように売れていました。

相当リーダーズに感銘を受けたお客さんが多かったものと思います。

きっと来年のやついフェスにも声がかかると思いますし、その時はasiaより大きい箱になること間違いありません。

この日のリーダーズの快進撃を聞きつけたイベンターの目に留まり、また各地のフェスにお呼ばれする気もします。

この積み重ねがあれば、確実に地方でのワンマンライブツアーも成功するはずです。

リーダーズの次の主催イベントの発表が待ち遠しいです♪

THE BLOCK PARTY Vol.5

タイムテーブルはこんな感じで進行しました。

15:00 DJ SO-SHIN
15:25 DJ YUNA YABE
15:50 DJ P→★
16:15 DANCE QUART2
16:20 Kengo & Kazane
16:25 DJ 副島ショーゴ(Charlie)
16:50 DANCE ASUPI
16:55 DANCE P→★ & UFO
17:00 DANCE percent%
17:05 DJ 2BOY
17:30 DANCE B&W
17:35 DANCE Ako & SotaKawashima
17:40 DANCE KikiRara
17:45 DJ UMIMAN(B.D.C.)
18:00 DANCE KAZtheFIRE & KAITA THE HATABOY & TATSUKI
18:05 NOA スペシャルダンスセッション
18:10 DJ UMIMAN(B.D.C.)
18:20 LIVE SUSHIBOYS
18:55 DJ P→★
19:00 LIVE TEMPURA KIDZ
19:30 DJ RAM RIDER
20:00 フィナーレ

SUSHIBOYSさんのライブの後、宮廷調衣装を着たP→★が2回目のDJに立ち、数曲を流すと、残る3人のメンバーもステージに現れました。

YU-KA、AO、KARINがスタンバイしたところでGrowing Painsのメロディを含むmix曲を流し始め、ここからTEMPURA KIDZのダンスナンバーが始まったのです。

普段の音出しはDJ津吹さんでしたから、P→★が音出しするのは初の試みですね。

この日のセットリストすべてがP→★による音出しでした。


セットリスト
01 ダンスナンバー
02 マスクマスク Hiphop remix
03 ミイラキラー
04 Find A Way
05 Growing Pains
06 LOLLiPOP


ダンスナンバーはドリーミー・ワンダーやCIDER CIDERのメロディを含むTEMPURA KIDZの楽曲で作られたミックス曲で、続くマスクマスクもヒップホップ調にアレンジされていました。

おそらくどちらもP→★の作品でしょう。

音作り、振り作り、音出しも自分でこなすスーパースターP→★の姿に、この日私は惚れ惚れしていました笑。


この後立て続けにミイラキラー、Find A Wayへと突入しました。

曲振りがなく流れ始めたFind A Wayのイントロ、そしてメンバーが作ったフォーメーションと表情には身震いが起きました…

3/25のワンマンライブで初披露された後のライブでも毎回セトリに組み込まれていましたが、これまでにない迫力のパフォーマンスでした。


Growing Painsのサビでは恒例のタオル回しがあり、ラストのLOLLiPOPのサビは手を左右に振るワイパーでした。

ここ最近のライブでは、LOLLiPOPのサビは本来の振りを踊っていましたが、TBPでまたお客さんと一緒にワイワイやれる振りに変えたのは良かったと思います。

持ち時間が少ないライブでは出来るだけダンスパートを多めにして、TEMPURA KIDZのアピールポイントであるダンスで魅せる、持ち時間がある程度多い時はみんなで楽しくライブする。

メリハリがあって、新しいファンを獲得する仕掛けにもなりますし、従来のファンも俄然楽しめます♪

とても楽しいライブでした。


途中のMCで明らかになったことですが、この日YU-KAは体調を崩していたそうです。

TEMPURA KIDZのライブの出番になるまで、THE BLOCK PARTY Vol.5の公演中一度もYU-KAが姿を見せなかったので心配していましたが、ライブパフォーマンスからはそんなことは微塵も感じられませんでした。

AOと一緒にYU-KAは裏方に徹し、出演者のホスト役を務めていたのではないかと思います。

表舞台ではP→★がダンスショーケースの音出し、そしてKARINが進行MCを務めるという形で、TEMPURAメンバー全員が作りあげる文字通り『TEMPURA KIDZ presents』のTHE BLOCK PARTYになっていました。

過去のTBPではDJの持ち時間がまちまちで、このDJさんもっとプレイしたかっただろうなぁと思ったりもしましたが、この日はどのDJも均等に時間が割り当てられ、タイムテーブルも分刻みできっちり進んでいたことから、ダンサーもDJも気持ち良くパフォーマンスできたのではないかと思います。

5時間という長丁場のイベントが回を追うごとに洗練されていき、飽きさせない、(さほど)疲れを感じさせないデイタイムクラブイベントとしてすごく楽しいものになっています。

(さすがに5時間立ちっぱなしは疲れます笑)

今後のTBP開催も楽しみにしています♪

下北沢LIVEHOLIC 3rd Anniversary series vol.3×赤丸中毒

セットリスト
SE チャイム~Space Dust
01 毒花
02 透明ガール H ZETT M edit ver.
03 キミワイナ'17
04 恋の遮断機
05 ピロティ
06 最終人類

いつもの出囃子でメンバーがステージに登場してスポットライトが点くと、一言も発さずに一呼吸置くや、SUZUKAが毒花の最初の部分をアカペラで歌い出したのです。

会場に響き渡る伸びのある歌声がとても心地良かったです。

ワンフレーズを歌い終わると、

「毒花。」

と曲振りをして毒花がスタートしました。

ステージ登場からのパフォーマンスにも色んなバリエーションがあって本当見応えあります。


毒花が終わると、メンバーがステージ上に散らばって座り込む独特なフォーメーションを取りました。

あまり見覚えのないフォーメーションと来れば、透明ガール H ZETT M edit ver.!

今度はMIZYUがメインボーカルです。

バンドばかりの対バンの中で唯一のダンスボーカルユニットのリーダーズ。

きちっとボーカルを聴かせる2曲を最初に組み込んできたなかなかニクいセトリでした。


キミワイナ'17の導入小芝居はSUZUKAとKANONの2人の演技に変わり、恋の遮断機はまたSUZUKAとMIZYUの2人の演技に戻っていました。

今日はピカピカの笑顔で演じていたので、一層楽しい気分になりました笑。


続いてピロティのインスツルメンタルが流れ始めると、メンバーが一斉に上履きを脱ぎ始めました。

そして『one for all. all for one.』のコール&レスポンスです。

インスツルメンタルがフェードアウトしていくとメンバーがフォーメーションを作って歌唱のスタートでした。

綺麗な進行でうっとりしてしまいますね。

この日の会場の下北沢LIVEHORICのステージの天井が低く、組体操でサボテンを作ればMIZYU が天井に手が届いていて、MIZYUが嬉しそうにしていたのが印象的でした。

はたまたピラミッドでSUZUKAが一番上に立てば頭が天井すれすれでした。

わざとなのか、SUZUKAは天井に手を擦りながらワイパーの煽りをしていたのが面白かったです笑。


最後は最終人類。

RINもKANONもキレッキレで踊っているのに笑顔というのが今日一番のポイントだった気がします。

リーダーズがキビキビと圧倒的なパフォーマンスをするのも好きですが、やっぱり若い女の子ですからね、笑顔のパフォーマンスの方がお客さんに残る印象も違うと思います。

イベントのコンセプトにもよるかもしれませんが、これからも笑顔のライブが見たいなぁと思います。

めざましLIVE COUNTRY TOUR 2018 in SABAE

セットリスト
SE KPP ON STAGE
01 ファッションモンスター
02 インベーダーインベーダー
03 み
04 にんじゃりばんばん extended mix
05 もんだいガール extended mix
06 もったいないとらんど
07 きらきらキラー extended mix
08 CANDY CANDY
09 キミに100パーセント
10 最&高
11 きみのみかた
12 Crazy Party Night~パンプキンの逆襲~
13 原宿いやほい
アンコール
14 PONPONPON


きゃりーさんが登場する前には吹奏楽のコンサートがありました。

今日のイベントのチケットを購入して入場した一般客以外には、吹奏楽の出演者のご家族なども招待されていたようで、いつものきゃりーさんの客層とは違っていました。

ワンマンライブなら立って見ることが前提ですが、立って見るライブにあまり慣れていないファミリーのお客さんは途中座って見たりしつつも、きゃりーさんが振り付けを指示すると立ち上がって一生懸命に真似していました。

こうしたイベントで多くのお客さんに動きが見れたのは、本当にきゃりーさんのパフォーマンスが素晴らしかったからだと思います。

‪原宿いやほいの後、きゃりーさんがステージを捌けるやいなや、大きなきゃりーコールが始まったのも、きゃりーさんのライブにお客さんが感銘を受けてのことだと思いました。‬


MCについてはうろ覚えですが、

「9月からホールツアーがあります。

ワンマンライブでもやっている質問コーナーをここでやっても良いですか?」

ときゃりーさんから問いかけがあり、大歓声で質問コーナーがスタートしました。


Q1:どうしたら人見知りが治りますか?

A1:どんな時でも口角を上げてると良いと思います。

こんな感じで。

嫌なことがあっても口角を上げていれば、周りの人にこいつ良い奴だなって思ってもらえます。


Q2:好きな男性のタイプは?

A2:ぶっこんでくるよね~笑。

昔は金髪のオールバックの人が好きでした。

ハリーポッターのドラコマルフォイとか。

でもそういうのろくな奴いないよね笑。

なので今は心の広い信用できる人ですね。


Q3:どうしたら年上の人とうまく話せる?

A3:ちなみにお兄さん何才ですか?

30代かぁ…

そうすると年上は40とか50の人ですよね?

私が思うのは、『そうっすね!そうっすね!』って相手を立てると良いと思います!

あと『うんうんうんうん!』って感じで激しく相槌を打つ!

どうでしょうか?!

これで大体の人は気分良くなってくれると思います!笑


ワンマンライブみたいというか、これまでのきゃりーさんのワンマン以上の盛り上がりを見せた気がします。

アメリカツアーについて行くことはできませんが、その後のフェスなどの出演も本当に楽しみです♪
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示