FC2ブログ

新しい学校のリーダーズ 1stワンマンライブ 後編

新しい学校のリーダーズ 1stワンマンライブ 前編の続きです。

セットリスト
(オープニングムービー、開会宣言)
01 席替ガットゥーゾ
02 SNS24時
03 宮尾
04 マエナラワナイ
05 ワカラナイ
06 zzz
07 キミワイナ'17
(メンバー人物紹介、H ZETTRIO登場)
08 毒花
09 透明ガール H ZETT M edit ver.
10 恋の遮断機 ft. H ZETTRIO
(H ZETTRIO退場)
11 最終人類
(ピロティMV放送)
12 ピロティ
13 透明ガール Original ver.
14 学校行けやあ゛


メンバーの人物紹介の後ステージが暗転すると、特別ゲストのH ZETTRIOのメンバーがステージ上へ現れました。

会場は大歓声と拍手で迎えます。

ところがH ZETT Mさんの機材の調子が悪かったようで、SUZUKAから「しばしお待ちを」と少し待ちが入りました。

そしてまさかの毒花からコンビセッション開始!

キーボード、アコースティックベース、ドラムという編成のH ZETTRIOさんに対し、この曲はもっと多くの楽器の音を含んでいますから驚きました。

音が足りないと拍も取りにくい、生音ならではのBPMの違いから振りコピしにくい…というのはド素人の私の感想でしたね。

メンバーも少しだけズレを感じながらも一瞬で修正していたのは見事でした。


セッション2曲目はMIZYUがメインボーカルを務める透明ガール H ZETT M edit ver.

振り付けも一新されていましたが、最後の部分はオリジナルの要素が残されていました。

疾走感あふれる生伴奏に合わせて会場にはMIZYUの中高音の歌声が響きました。

他のメンバーの凄さも毎度実感していることではありますが、MIZYUのボーカルについては少し記しておきたいことがあります。


2015年に新しい学校のリーダーズが結成され、同年のBAYSIDE DANCE CAMPで初めてのライブを見た時、MIZYUがマイクを持っていたのが一番の驚きだったのです。

TEMPURA KIDZと同じく、きゃりーキッズだった頃を知っている私としては、これらのメンバーが歌うというイメージがまったくありませんでした。

そのうちにMIZYUがメインボーカルのいいこじゃいられないが披露され、ここまでの間にどんどんMIZYUの声量が増え、高音を維持するのもきれいになっていたのを感じていました。

ついには毒花のカップリング曲としてワカラナイが音源化。

プロデュースする側もMIZYUの声を信じてのことですから、本当に素晴らしい成長ぶりだと思っています。

繰り返しになりますが、SUZUKA、RIN、KANONの3人の凄さも実感しています。

MIZYUについてはきゃりーキッズの頃を知っているからこその思い入れがあるので、別の視点での感想を書きました。


H ZETTRIOさんとのコラボレーションの最後は、楽曲制作でもfeaturingしている恋の遮断機。

もちろん小芝居がありました。

KANON「これはとある学校生活での出来事である。」

SUZUKA「ねえねえ!私好きな人ができたみたい!」

MIZYU「えー?!だれだれ?」

SUZUKA「1組のH ZETTRIOの3人~!」

まさかのH ZETTRIOさん!

しかも3人w!!

これには場内大喝采でした。

MIZYU「3人も?!欲張り欲張りー!

でも分かる!良いよね~。



H ZETT Mさん!今度こっそり私にピアノ教えてくれませんか?」

バーーン!(号砲)

RIN&KANON「こいつさっそく裏切りましたね。」

小芝居の詳細はうろ覚えですが、H ZETTRIOさんをゲストに迎えての特別な小芝居がすごく面白かったです。


恋の遮断機の歌唱後は大きな拍手でH ZETTRIOさんを送り出しました。

そして最後の曲と宣言したのはもちろんアルバム中で最強にグルーヴィーな曲、最終人類でした。

間奏の『ズッチャズチャズ』ではRINが踊りながらお客さんの様子をじっくり見ているのを知っていますから、この日もRINの様子を見ていたところ、どうもそのお客さんはあまり踊れていなかったようで、

『なんやお前踊れてへんやん…』

とRINが思っていたかどうかは分かりませんが、ムムムッとしかめっ面になっているのがまた可愛いかったのです。


ここまででメンバーがいったんステージをはけると、会場からアンコールを求める手拍子が始まりました。

「アンコール!」または「はーみ出し!」の掛け声を入れようかと思った矢先にメンバーが駆け足でステージに戻ってきたので、思わず「はやっ!」と声が出てしまいました。

この時脳裏に浮かんだのは、プロミスのCMのアンコール編だったことは内緒です←

と、おもむろにメンバーが客席へ向けて丸めた半紙を投げ込んでいきました。

私はKANONからの直球ど真ん中ストライクでキャッチしたのが「自由」でした。

再びメンバーがステージを後にすると、スクリーンに映し出されたのはピロティのMV。

歌詞に合わせてRINが持つかばんにキティを思い起こさせるリボンをつけていたり、MIZYUがピーチティーを飲んでいたりと、演技はこれまでライブでやってきた小芝居の成果もあり、とても上手だったと思います。


ステージに戻ってきたメンバーはMVと同じく裸足でした。

「one for all. all for one.」のコールアンドレスポンスを挟んでピロティの歌唱です。

スクリーンには歌詞が映し出され、SUZUKAの歌詞の先導もあり、リーダーズメンバーと会場のお客さんのきれいな合唱が生まれました。

サビでは大きなワイパーが起こりました。

間奏では組体操(通称:サボテン)がありました。

普段ならKANONが持ち上げる役が多いですが、RINが大丈夫かな?という感じでKANONを持ち上げ、SUZUKAもMIZYUを持ち上げて2つのサボテンが完成した時には大きな拍手が起きました。

SUZUKAは身長がある分、MIZYUを持ち上げるにしても安心して見ていられました。


ピロティの次は透明ガールのオリジナルバージョン。

やっぱりこれがないと!

H ZETT M edit ver. の疾走感も好きですが、リーダーズのライブにはオリジナル曲のダンスが映えます。


「私たち新しい学校のリーダーズがライブを通じて伝えたいことは、青春はエンドレス、エンドレス青春だってことです!

学生のエネルギーは無限大だってこと!

この想い全力でぶつけていきます!

あなたたちも全力で受け止めてください!

行くぞ!学校行けやあ゛ !!」

リーダーズ1stワンマンライブの最後の最後はもちろんこの曲でした。


締めのSUZUKAの挨拶はちょっぴり声を震わせていましたが、感極まることは我慢し、最高の笑顔でライブを締めくくり、元気良く下校していきました。

本当にとてつもない熱量のライブでした。

このワンマンライブに参加するに当たり、リーダーズメンバーがもっと緊張してるかな?と思っていましたが、最初から最後までメンバー楽しそうにライブをしていたと感じたのが何よりのことです。

リーダーズが楽しければお客さんが楽しい!

お客さんが楽しければリーダーズはもっと楽しい!

この連鎖反応こそがライブの真骨頂、つまりはグルーヴだと私は昔から思っています。

(あくまでこのグルーヴは私が思っているものです。

SUZUKAがMCで良く使うグルーヴとは別と思ってください。)

とても楽しいリーダーズの1stワンマンライブでした♪

終演後のメンバーのツイートには『何かの始まり』を匂わせる内容が記されています。

いったんはここまで毎週のようにライブ出演を続けてきたメンバーに少しだけ休息を取ってもらい、その『新しい始まり』が何なのか、5/4のライブ再開から検証していくことを楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト

新しい学校のリーダーズ 1stワンマンライブ 前編

新しい学校のリーダーズ1stワンマンライブのレポになります。

色々感想を綴っていたらめちゃくちゃ長くなりそうなので、2部に分けて記したいと思います。

セットリスト
(オープニングムービー、開会宣言)
01 席替ガットゥーゾ
02 SNS24時
03 宮尾
04 マエナラワナイ
05 ワカラナイ
06 zzz
07 キミワイナ'17
(メンバー人物紹介、H ZETTRIO登場)
08 毒花
09 透明ガール H ZETT M edit ver.
10 恋の遮断機 ft. H ZETTRIO
(H ZETTRIO退場)
11 最終人類
(ピロティMV放送)
12 ピロティ
13 透明ガール Original ver.
14 学校行けやあ゛


開演定刻を10分ほど過ぎたころ、客電が落ちると『青春』と『はみ出し』をキーワードとしたオープニング映像が流れました。

『青春』と個性や自由を大事にする『はみ出し』に学生であることも大人であることも関係ないという内容だったと思います。

そしてスカートをマントのように捲り上げたリーダーズメンバーの登場です。

「私たち新しい学校のリーダーズは、初のワンマンライブを誰よりもアグレッシブに、誰よりもアバンギャルドに開催することを誓います!」

とSUZUKAおよびメンバーの開会宣言に続き、席替ガットゥーゾのイントロへ。

2曲目はSNS24時なのですが、リーダーズの楽曲の中でも最もパンクなこれら2曲を最初に入れてきたのは、第4回はみ出せフェスティボーの時と同じ意図があったでしょうか。

久しぶりにリーダーズのライブを見る人や初めて見る人が今のリーダーズのロックでパンクなライブスタイルを理解するには相応しいセットリストだと思います。

私がリーダーズの意図を上記のように感じた理由は1曲目が終わった後のMCからも感じられました。


「休めー!気をつけー!礼!」と「ご来場の皆様こんばんは!僕たち!私たちが!新しい学校のリーダーズです!」の挨拶に続き、「模範的なやつばかりが評価される~」の口上とでんぐり返しの後のMCです。

RIN「本日、無名ですけどワンマン、有名になんかなりたくない、なりたいけど。」

KANON「お足元の悪い中、WANIMA、ももクロのワンマンではなく、私たち新しい学校のリーダーズをご指名、ご利用、ご来場いただき誠にありがとうございます!」

MIZYU「皆さまの選択が間違いでなかったこと私たちが証明してみせます。」

SUZUKA「皆さまぶちかませますよね?!

(おぉー!)

皆さまぶちかませますよね?!!!

(おおおぉー!!!)

皆さまぶちかましていくぞーーー!!!!!」

こうして始まったSNS24時ではヘドバンもオイ!オイ!の掛け声もものすごいことになりました。


さらに続くはひし形のフォーメーションから始まる宮尾。

アルバム『マエナラワナイ』のリリースに伴うワンマンライブ故に、音源化されていない曲がいくつ披露されるのか気になっていたところに、真っ先に宮尾が来たのはひと安心です。

いや、こんなところでホッとしている場合じゃありませんけど笑。

「アルバムのタイトルがマエナラワナイなのに、新しい学校のリーダーズのマエナラワナイという曲が入ってないじゃないかー。」

「そう思った人も少なくないはず!」

「なんでなんだよ!説明してくれよー!」

「いろんなことがあったんです。アルバムのタイトルを決める時いろんな話が出てきたんです。」

「マエナラワナイ、それは私たちの原点。」

というMCを挟み、なぜかジャパ◯ット高田風のアルバムの販売告知が入りましたw

そしてそしてのマエナラワナイの曲披露!

こうも気持ち良く進むセトリとMCを組まれると、身震いが止まりませんでした…


「かけいがくえんってナニ?」

と時事ネタをブッ込んでのワカラナイへのつなぎは実に秀逸でした笑。


初披露となるzzzは机と椅子を2セット使ったパフォーマンスでした。

曲のタイトルどおり、振り付けの中に居眠りや机の上でマッサージ?!がありました。

KANONが机に寝転がると、SUZUKAとMIZYUがKANONの脚から腰にかけて念入りに~と思ったら、おしりを揉んでるー!

そんな光景をずっと眺めていたかったのですが←、この曲は主催ライブ以外での披露は少ないかもしれませんね。


久しぶりとなったMIZYUによるキミワイナ’17の作文朗読。

過去には読み終わった後は慎まやかに原稿用紙を折りたたんでポケットに突っ込むという流れでしたが、おもむろにMIZYUが原稿用紙をグシャっと丸めたと思ったら、客席へ投げ込んだのです。

これには会場に集まったお客さんたちも、えぇー?!と原稿用紙の行方を追わざるを得ませんでしたw

いやまじで動揺を隠せませんでした笑。


キミワイナ‘17の後には第4回はみフェスにもあったメンバー紹介を挟みます。

内容は大体同じだったと思いますが、今回はメンバーに容姿が似ている人やキャラクターに目線を付けてスクリーンに映し出していました。

SUZUKA:吉本新喜劇のスッチー
RIN:烈海王
KANON:ベーシストKenKen
MIZYU:ウルトラの母

会場は大爆笑ですw


ちょうどここでセトリの半分になるのでいったんレポを区切ります。

新しい学校のリーダーズ 1stワンマンライブ 後編

代官山 SPACE ODD『Cross-Check02』

セットリスト
SE Space Dust
01 毒花
02 透明ガール
03 恋の遮断機
04 席替ガットゥーゾ
05 最終人類

リーダーズの1stワンマンライブ直前の対バンライブ。

5曲のセットリストのライブがまたすごいものでした。

気合いが入ったリーダーズのパフォーマンスに、会場のボルテージは初っ端から最高潮。

とてつもなくロックな雰囲気を醸し出す現場となりました。


毒花の後は「休めー!気をつけー!礼!」から「ご来場の皆様こんばんは!僕たち!私たちが!新しい学校のリーダーズです!」と礼儀正しくご挨拶。

そして「模範的なやつばかりが評価される~」の口上とでんぐり返しへ。

「私たちこんな感じですけど、いっしょけんめいライブさせていただきますので皆様よろしくお願いします!

パンパン!(腰の横で手拍子)

透明ガール。」

MCも他のアーティストのファンから見ても、すっと受け入れられるであろう気持ちの良い進行になっています。

ここまで毎週続いてきたライブ出演で積み上げてきたリーダーズメンバーの研究の成果を感じました。


続くは恋の遮断機の導入小芝居。

KANON「これはとある学校生活での出来事である。」

SUZUKA「ねえねえ!私好きな人ができたみたい!」

MIZYU「えー?!そうなの!だれだれ?わたし知ってるひと?」

SUZUKA「(MIZYUに耳打ちする仕草で)1組の山田くん!」

MIZYU「えぇー!そうなんだー…」

SUZUKA「協力してくれるよね?!友達だもんね?!」

MIZYU「うん!協力するよ…!」

バーーン!(号砲)

RIN「一見円満そうに見える二人。相談できるただ一人の親友だからこそ打ち明けたのに…」

RIN&KANON「こいつ、裏切るんです!(MIZYUを指差し)」

KANON「そんな親友に男を取られ裏切られた気持ちを必要以上に壮大に表現した曲を今から披露させていただきます。」

MIZYU「そんなつもりじゃなかったの。ごめん…私はあなたの、恋の遮断機。」

相変わらず毎回鳥肌が立つほどの迫力の歌唱へのつなぎです。

この時ばかりは身動き取れずに見入ってしまいます。


SUZUKA「ありがとうございます!

席替えは学校生活の運命の日です!

皆さまガットゥーゾぱいせんを知っていますか?

熱い気持ちを持つぱいせん。

席替えはそんな熱い気持ちが必要なんです。

熱い気持ちを伝えるソング!

お聴きください、席替ガットゥーゾ。」

こんな感じでSUZUKAが曲紹介した席替ガットゥーゾは、名古屋の2マンライブからすごい進化を遂げていました。

サビの「あいこでしょ!あいこでしょ!」はメンバーが前に出てきて実際にお客さんとじゃんけんをしながら「あいこでしょ!」とコールするものに変わりました。

振り付けもところどころ変わっていましたが、このあたりは言葉で表現しきれないというか、覚えきれません笑。

歌舞伎のようなアウトロのRINのソロダンスには「いよーぉ!(ダンッ!)」という掛け声で締めるのが気持ち良い流れでした♪


最後の最終人類の前にはメンバーが声を揃えたアルバムリリースと4/21のワンマンライブの告知がありました。

ステージ転換の合間にメンバーが直販する物販があるとかないとか曖昧にしつつも、このイベントの2番目のアーティストの出演後に開かれた物販には多くのお客さんが集まりました。

この日特に気になったのは、これまでの対バンイベントならいつも顔を出すファンしか見かけなかったのが、知らないお客さんも何人か最前に来ていたことです。

対バンライブやフェスなどでリーダーズが気になったお客さんがリーダーズを目当てに別のイベントにも来てくれたということ。

新しくファンになった場合、ワンマンなら行ってみようかなと思うところですが、こうしたイベントにも足を運んでくれることは本当に嬉しいですね。


いよいよ明日(このブログを書いているのは4/20)はリーダーズの1stワンマンライブの開催日!

リーダーズがこれまで積み上げてきた想いを振り返ると、本当に楽しみで仕方がありません!!

アソビタリナイ@代官山LOOP

セットリスト
SE Find A Way
01 ダンスナンバー
02 さくらさくら
03 ドリーミー・ワンダー Remix
04 ミイラキラー
05 Growing Pains
06 Find A Way
07 LOLLiPOP

出囃子は馬の蹄の音で始まるFind A Wayのイントロ。

そして「テンプラキッズです!テンテン!」のボイスサンプリングから始まるP→★作曲のダンスナンバーのフルバージョンへ。

先のワンマンライブで新衣装を纏った4人が登場した時と同じ流れでした。

これにはmysta festa以上にテンションぶち上がりです!

会場に集まったTEMPURAファンも多かったので、メンバーの名前を呼ぶ声も歓声も一段と大きかったです。


実は最近まで私はTEMPURA KIDZが出演するロックイベント以外のライブでは会場の雰囲気に合わせてライブの仕方をずっとセーブしていました。

それだと窮屈なことこの上ないので、TBP4あたりから周りから浮くことも厭わず自分がやりたい乗り方を実践するようにしています。

Find A Wayのラップパートの手の振り下ろし、Growing Painsのサビの「Hey!」でジャンプなども勝手にやっていましたが、メンバーもそれをお客さんへの煽りに採用してくれているようで、私もとてもやりやすいです笑。

ドリーミー・ワンダーからもなくなってしまったケチャだけはどうにも採用されないようで残念です←


最後のLOLLiPOPのBメロではお客さんみんながしゃがみ込みからのジャンプをしてくれていたようです。

これ以外にもサビの二人一組の振り付けや「Hey!Whatcha name?~」のヘドバンもなんとなく会場全体で一体になっているような気がしました。

ぜひとも今年は夏フェスでこの感じを味わいたいものです♪

F.A.D YOKOHAMA『A TENTION!』

セットリスト
SE Space Dust
01 毒花
02 キミワイナ'17
03 恋の遮断機
04 ピロティ
05 最終人類
06 学校行けやあ゛

この日は全部の曲の前にタイトルを述べていました。

気になった曲があったら調べてほしいという意図もあるでしょうか。

実際リーダーズのライブの後のお客さんのツイートを追っていると、「あの曲が良かった!」など曲名を挙げて絶賛している様子が見られるので、良いライブ進行になっていると思います。


クリトリック・リスさんとの対バン以来となるピロティでは、

「手を上げてください。」

「体を揺らして~。」

「Put your hands up!」

など、SUZUKAから多くの指示が入りました。

『one for all. all for one.』を掲げる曲ですもんね。

会場の一体感を出す良い試みです。


リーダーズのライブではSUZUKAとMIZYUが積極的なレスをするのはいつも感じていることですが、最近はKANONもRINもかなり積極的になっています。

KANONはすごく笑顔になっていて、パフォーマンスものびのびしてきてて、こちらの方が好きです。

RINは積極的というか攻撃的です笑。

学校行けやあ゛ではポニーテールを客席に向けて鞭のようにしならせるシーンがあるのですが、最前列にいると実際に当たります。

皮膚が切れ避けそうなほどのしなり方で切れ味バツグン!まさに女の武器!←

この日はステージ前に柵がなかった分、最前でも一歩下がって見ていたところ、目前をRINのポニーテールがブンブン通りすぎていました。

ビシバシ叩かれても良いんですけどね←、何かに引っかかってパフォーマンスに支障があってもいけないのでそれは自重しています。

RINにはポニーテールの振り回しをちょっとだけ抑えてもらいたいところです。


月曜開催のこの日のお客さんは少なかったですが、様々なジャンルのアーティストが集まった対バンイベントともあり、乗りが良いお客さんのおかげで学校行けやあ゛は過去に見ない盛り上がりだったと思います。

その一方でリーダーズメンバーが立った物販売り上げはいまひとつで、メンバーからはがっかりした表情も感じられました…

対バンイベントでは基本的に推しのアーティストの物販ぐらいしか買わないものなのでしょうがないかもしれません。

サーキットフェスではリーダーズのライブに感銘を受けたお客さんがちゃんと物販にも来てくれていることを踏まえて、気持ちを切り替えてもらいたいところです。

FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示