FC2ブログ

平成29年度 第4回はみ出しフェスティボー

セットリスト
01 SNS24時
02 噛むとフニャン tofubeats Remix
03 毒花
04 宮尾
05 いいこじゃいられない
人物紹介
06 透明ガール
07 ワカラナイ
08 キミワイナ'17
09 バウンス放課後
アンコール
10 マエナラワナイ
11 学校行けやあ゛

オープニングはリコーダー演奏とメンバーソロダンスでした。

そして始まった1曲目はなんとリーダーズの持ち曲の中で最も激しい盛り上がりを見せるSNS24時!

今回のはみ出しフェスティボーで私が特に感心したのはこの流れでした。

「押さない、駆けない」とMIZYUがインスタで記したことはおそらく今回のライブで圧縮やモッシュが起きることを警戒してのことではないかと思いました。

ステージエリアでも行われた念入りなメガホンの販売も、物を持たせることでモッシュのような激しい乗りをさせないため。

そして、会場のボルテージが上がりきる前の1曲目にSNS24時を持ってくることで、安全にお客さんにライブを楽しんでもらうことに成功したと感じました。

パンクな盛り上がりを見せた三宮でのリリイベにも参加したファンが遠征してくることを事前に察知していたり、圧縮とモッシュが起きた対バンライブ『1+1+1+1』の後の主催ライブということで、圧縮とモッシュを経験したことがないであろうリーダーズ主催イベントしか顔を見せないファンへの良い気遣いだと思いました。


続くMCは「休め!気をつけ!礼!」から「模範的なやつばかりが評価される~」の口上。

「本日、平成29年度 第4回はみ出しフェスティボー ~予定は未定だから予定が狂ったのは否なめないゆえに緊急開催するだからミニミニで2017を閉めくくるぞの陣~にお越しくださいまして誠に感謝申し上げ奉ります!」

とRINのロングMC(?)

この長~~~い公演タイトルは2回言う場面があったのですが、RINが暗記してしゃべっているわけではなく、会場内に貼られた習字を読み上げていたというネタバレが後でありました笑。

KANONとRINはMCに参加する機会が少ないので、こういう担当を作るのは大事ですね。

「年末のお忙しい時期、平日の真昼間、緊急開催にもかかわらず、来てくださった皆様誠に恐縮です。」

とMIZYU。

「今日は、ぶっ飛ばして行くぞーー!!!」

のSUZUKAの雄叫びで次の曲を紹介です。

「すべてはここから始まった。」

なんとリーダーズの最初の持ち曲『噛むとフニャン』でした。

公演最後に披露された『バウンス放課後』と共に、これら2曲が披露されるのはいつぶりでしょうか?

新旧問わずファン待望の2曲ですから、実質ワンマンライブと言えるこの日の公演で披露してくれたことは本当に嬉しかったです。

ただこの2曲のどちらかはこの先のライブで披露されなくなる伝説の曲になりそうな予感がしています。

披露が少ない意図は私にも分かりませんが、『はみ出しフェスティボー』だからこそ最後に披露したというような気がしています。

気がするだけなので良い方に裏切られればいいのですが。


さて、前半終了後のMCの新しい学校リーダーズ人物紹介の内容について覚えている範囲で記します。

メンバー1人ずつがステージ前方に歩み出て、3Dフィギュアのようにポーズを固定しながらその場で回転する間に、他のメンバーが紹介文を読み上げていき、その後お客さんに一言コメントを求めるという流れでした。

SUZUKA紹介文(MIZYU朗読)「11月29日生まれ。性別女。身長167cm。結成当初から15cmの成長。目下の悩みは深夜2時からの成長痛。どこまで伸びるのでしょう?乞うご期待。」

ファンの一言「大好きです!」

SUZUKA「知ってる。」


MIZYU紹介文(KANON朗読)「12月22日生まれ、やぎ座。性別女。身長151.3cm。見ての通りゴルゴ13のもみ上げを連想させるゴルゴっとした横毛、くっきり揃えた前髪、その重たい前髪の先には何があるのだろう。謎が深まるばかり。また最大の特徴は割と長い2つ縛り。そしてその2つ縛りを回してしまう癖がある。本当ゴルゴっとしてますね。一番ゴルゴっとしていた時期は学校行けやあ゛のMV撮影の時。ご参照ください。」

ファンの一言「みぢゅちゃん大好きです!」

MIZYU「夢を見ることは悪いことじゃない。」


KANON紹介文(RIN朗読)「1月18日生まれ、やぎ座。性別女。身長154.2cm。エジプトの大富豪の妻にふさわしい顔立ち。見た目と裏腹に前腕筋群と三角筋群筋の裏側が人一番発達しているので、20㎏ほどの重い荷物を運ぶ係になっている。エジプトの大富豪の妻になるにはまだまだ時間がかかりそうですね。」

ファンの一言「僕の妻になってください。」

KANON「すみません。」


RIN紹介文(SUZUKA朗読)「9月11日生まれ、乙女座。性別女。身長は膝の抜き加減によって変わるので正確には分かりませんが大体153cmぐらい。ライブ中に鼻の穴が最大500円玉入るくらいに広がることがある。鼻の穴と鋭い目線で竹内力パイセンのように見られがちだが、実は何事にも慎重な性格である。人は見かけによりませんね。」

ファンの一言「ゴリラの中で最も美しい。」

RIN「ウホッ。」


アンコールも含めてリーダーズの持ち曲すべてが披露されたライブとなりました。

緊急開催にもかかわらず、リーダーズメンバーが本当に良く考えて作ってきたライブだと思いました。

それだけに各地のファンが遠征して参加できるタイミングでの開催をしてもらいたいものでした。

最後のMCでSUZUKAが言葉を濁らせた『まだ発表できない何か』が新譜リリースや、『初の』ワンマンライブが東京以外も含む開催であることはこの日参加できなかったファンを大いに喜ばせることなので、早い時期に発表されることを期待しています。


この日気になったのは、普段からリーダーズのライブに来ているファンとはみ出しフェスティボーにしか来ないファンの温度差でした。

第3回はみ出しフェスティボーの後にリリースされたキミワイナ‘17とSNS24時はこれまでのリーダーズの曲のジャンルになかったロック、パンクです。

第3回はみ出しフェスティボーの時はキミワイナ’17が初披露ということで何色にも染まっていませんでしたが、最近のリーダーズのライブで確実にセットリストに組み込まれるこの曲は披露を重ねるたびにどんどんロックらしくなり、リーダーズのライブが以前のような突っ立って聴くようなものではなくなっています。

そのライブの進化にリーダーズ主催イベントにしか来ないファンは少なからず戸惑いを見せていたような気がしました。

リーダーズがイベント出演するごとに『新しい学校のリーダーズにはまった!』『毒花やキミワイナ‘17を毎日聞いている』という新規ファンの獲得に成功している様子はチェックしています。

この先新規ファンが大幅に増えていくことは容易に想像できますが、リーダーズのライブの進化についてこれなくなったファンの離脱も少なからず起きるんじゃないかなと心配しています。

そういったことは私がこれまで見てきたPerfume、きゃりーさんなど大規模なライブを開催するアーティストでも起きていることなので、リーダーズメンバーにはファンが離れることがあっても悲観的にならないでほしいなと思います。

私は2017年のリーダーズの進化が素晴らしいものだと感じました。

2018年はどんな景色を見せてくれるか楽しみにしています。
スポンサーサイト

JAPANESE POP CULTURE NIGHT 6%DOKIDOKI SPECIAL

セットリスト
宮尾

KAWAII MONSTER CAFEの回転ステージ『Sweets Go-Round』の上での一曲入魂のライブでした。

久しぶりにリコーダーを持っての入場。

そこからメンバーソロダンス。

『あたぁらしぃ学校のリィーダーズ!』ボーン!でポージング。

「模範的なやつばかりが評価される~」の口上が始まり、再び『あたぁらしぃ学校のリィーダーズ!』でSUZUKAとMIZYUはでんぐり返し。

あの狭いステージの上で、やるの?!やるのか?!と不安になりながら見ていたら、見事二人ともひっくり返っていたのは本当に見ものでした。

そしてメンバーはリコーダーを持ったまま宮尾の歌唱に入りました。

このイベントの告知は直前だったにもかかわらず、多くのリーダーズファンが集まりました。

せっかく集まってくれたファンのためにも、1曲だけであっても心を込めて!という想いがひしひしと伝わってきました。

ステージ登場時には大勢のファンの顔を見つけてホッとした表情を見せたメンバーも、パフォーマンス中にはいつになく真剣な表情をしていました。

足場が不安定な回転ステージ上でのライブを、いずれあるであろうアリーナクラスでの公演の予行練習になるのかなぁと想いを寄せつつ、じっくりと楽しみました。

明日は実質リーダーズワンマンライブのはみ出しフェスティボー。

楽しみにしております♪

unBORDE X‘mas party 2017【きゃりーぱみゅぱみゅ編】

セットリスト
SE IYAHOI OP Edit
01 原宿いやほい
02 インベーダーインベーダー
03 にんじゃりばんばん
04 つけまつける extended mix
05 もったいないとらんど extended mix
06 良すた
07 最&高

きゃりーさんがステージに登場する前から大声のきゃりーコールがいっぱいでした。

これまでにないあたたか~い空気感できゃりーさんを迎えることができました。

そんな雰囲気をきゃりーさんも感じ取っていたようで、ライブ中のきゃりーさんもダンサーズも終始笑顔のパフォーマンスでした。


この日のきゃりーさんの衣装はピンクのミニスカワンピースでした。

バンザイするだけで下に履いてるちょうちんパンツ?が見えてしまうので、

「ワカメちゃんみたいで恥ずかしい!」

と、きゃりーさんが申しておりましたw


つけまつけるともったいないとらんどはクリスマスをイメージしたリミックスと紹介していて、extended mixを少しいじった感じになっていました。

この2曲のextended mixにはメローな曲調のイントロがありますからね、きゃりーファンはみんなして全力のケチャを捧げていましたw

ケチャだけでなく、振りコピもいっぱいいたのが印象的でした。

これまでこういう対バンイベントだとあまりきゃりーファンは集まりませんでしたが、思った以上にファンが多かったこともきゃりーさんが笑顔だった理由でしょう。


そして、リリースから極端に披露が少なかった『良すた』もセトリに入りました。

あまりに披露の機会が少なすぎて振りもほとんど覚えていませんが←、披露の回数が増えればもっともっと成長する曲だと思っています。

きゃりーさんのどの曲もそうでしたから。


最&高ではきゃりーさんの振り付け講座がありました。

後であーみーさんのインスタストーリーで見て分かったのですが、会場の後ろの方までみんな振り真似をしているのが分かりました。

素敵な光景でした。

本当に良いクリスマスライブでした!

CDJも楽しみです!

THE BLOCK PARTY Vol.4【TEMPURA KIDZ編】

セットリスト
01 ドリーミー・ワンダー Remix
02 マスクマスク クリスマスmix
03 ミイラキラー
04 ONE STEP(間奏のブレイクでダンスナンバー導入)
05 Growing Pains
06 LOLLiPOP

衣装はTHE CLUB EDITIONでした。

NaNaHoさんのライブ欠席が続くようになってから、「NaNaHoさんがいない4人では面白くないだろう、やっぱNaNaHoさんがいないと!」と思ってライブに臨んでいる私がいました。

それを大きく裏切ってくれるのが今のTEMPURA KIDZです。

すごいんです!

楽しいんです!

とてつもなくライブが熱いのです!

NaNaHoさんが抜けたボーカルもダンスパートも4人でフォローし、完璧なライブに仕上げているのです。

TEMPURA KIDZの代表曲のリミックスもP→★さんが手がけ、新譜が出なくともさらにライブを進化させていました。

けど、物足りなさを感じるのは、それまでNaNaHoさんが担当していたMCがないこと、5人の方がバランス良く見えるフォーメーション、そしてTEMPURA KIDZのアートの部分なのです。

YUIMETALが欠場したBABYMETALのライブレポでも触れましたが、それまで3人で作り上げてきたBABYMETALのアートは2人では完成し得ないように、TEMPURA KIDZも5人でなければなし得ないと思っています。

この先もメンバー4人だけでTEMPURA KIDZのアートを作り続けて欲しくないと私は望んでいます。


NaNaHoさんのこれほど長期にわたる体調不良なら、むしろ詳細を伝えないと大勢のファンが余計に心配になると思うのですが、それをしないTEMPURAスタッフの伝え方のちぐはぐ感を考えると、NaNaHoさんの長期離脱の理由は体調不良ではないのではないか思っています。

真相はYU-KAさんとNaNaHoさんの大喧嘩によるもの、あとプロダンサーとして心を挫かれる何かがあったことなのではないかと思っています。

この真相について考察すると、と言うか完全に私の妄想なのですが、少し文章が長くなります。


喧嘩とNaNaHoさんが精神的に参ってしまった原因の一つに私がTHE BLOCK PARTY Vol.3を酷評したことがあるのではないかと思っています。

10月の2週ぐらいまでNaNaHoさんのツイッターやインスタが更新されなくなったころ、わたしは上記のことを考え始めました。

その後のライブ中に私の様子を見るTEMPURAメンバーの表情やTEMPURAメンバーの内情を知ると思われる数人のファンの私への接し方からも、そのことは確信に変わってきました。

ここで言うメンバーの表情というのは、TEMPURAライブ中にめちゃくちゃぶっ飛んではしゃいでいる私の様子に対して、『この人TBP3のライブのやり方じゃ楽しくないと言っていたはずなのに…』と感じているような不思議そうな表情をしていたと私は感じました。


何かの機会にメンバー、特にNaNaHoさんが私のTBP3の感想を読んだ。

もしかしたら私が真似だと指摘した部分がNaNaHoさんの担当だったのかもしれない。

それでひどくショックを受けた。

メンバーが集まってTBP3の反省会、次のTBP4に向けた打ち合わせをしている時にNaNaHoさんが前のライブスタイルに戻した方がいいんじゃないかと意見した。

リーダーのYU-KAさんはTBP3に臨むにあたってメンバーの総意で決めた方針なのに!とNaNaHoさんの意見を一蹴した。

さらにこのイベントのオーガナイズに関してあまり協力をしてこなかったかもしれないNaNaHoさんに対してリーダーが不満を漏らした。

いろんなことが一度に覆いかぶさって、エンターテイナーとしての自信をなくしてしまった…


私のレポが原因なのではないかと考え始めた時から、私はTEMPURA KIDZと距離を置いた方がいいんじゃないかなとも思いましたが、逆にTEMPURAメンバーの誤解を解く機会も失ってしまうと思い、思い留まりました。

TBP3でこれまでとやり方を変えてきたことを否定するつもりは決してありませんし、変えるからにはなにかしら意図を含めて欲しいと思ったまでなのです。

リーダーズはいつもライブがあるごとにその日の振り返りをして、次のライブに向けてメンバー全員が納得できるまで打ち合わせをして臨んでいる様子が伺えます。

TEMPURA KIDZについては、最近は変わってきたかもしれませんが、どちらかというとリーダーのYU-KAさんに任せっきりという姿勢が伺えるのです。

真似してほしいのはリーダーズのそういう良い点なのです。

1日も早くNaNaHoさんが復帰して、5人揃ったTEMPURA KIDZのライブが見たいなと思っています。

THE BLOCK PARTY Vol.4【新しい学校のリーダーズ編】

セットリスト
01 毒花
02 宮尾
03 キミワイナ’17
04 SNS24時
05 学校行けやあ゛

TEMPURA KIDZが主催し、さらには東京のイベントのはずなのに、メンバーのステージ登場から数曲はなんとなくアウェイに来てしまったかのような表情をメンバーがしている気がしました。

THE BLOCK PARTYはクラブイベントではあるけど、客層がそうじゃないというちぐはぐ感がそうさせたのかもしれません。

それでもライブ中にスイッチが切り替えられるのが今のリーダーズです。

ただいつも通りお客さんを煽るのではなく、笑顔のレスでお客さんにも何かしらの動きで反応してもらう。

学校行けやあ゛では多くのお客さんが振り真似してくれるようになっていました。

さすがでした。


今日のキミワイナ’17の導入はKUJIRA Vol.6から始まったスポットライト方式で、メンバー1人ずつにスポットライトを当てて切なく壮大なストーリーを演じていくものです。

この時のメンバーの演技力がまた増していて、特にSUZUKAなんですが、女優を目指しているのかと思ってしまいました笑。

ラスト曲の前のSUZUKAのMCはなぜかTBPのクラブコンセプトに合わせたヒップホップ調で、これがまた噛みまくってて何言ってるか分かりませんでしたw

そこは噛様のMIZYUに任せないと←

TEMPURA主催イベントにもかかわらず、リーダーズだけが目当てと思われるお客さんも何人かいて、リーダーズの流れが来てるなぁと感じたライブでした。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示