FC2ブログ

巨大キツネ祭り@さいたまスーパーアリーナDAY2

セットリスト
01 BABYMETAL DEATH
02 ギミチョコ!!
03 メギツネ
04 ヤバッ!
05 紅月 -アカツキ-
06 GJ!
07 シンコペーション
08 META!メタ太郎
09 イジメ、ダメ、ゼッタイ
10 KARATE
11 ヘドバンギャー!!
12 Road of Resistance
13 THE ONE -English ver.

MOSH'SH PIT ブロックBで参戦しました。

このくらいの距離になると生身の3人の姿はほとんど見えませんが、フェスで使われるよりも大きい5枚のスクリーンのおかげで、3人の表情はばっちり見えました。

KARATEでは動きに連動した炎のAR演出があったりと、かなり演出には凝っていました。

BABYMETALのスタンディングライブはモッシュッシュが醍醐味ですからね、発生した全てのサークルやWODに突っ込んできました♪

それにしても、神バンドのオリジナルインスツルメンタルで始まる『シンコペーション』は鳥肌ものです。

パルス波をイメージした映像演出にはBABYMETALを振り付けるMIKIKO先生のダンスカンパニー『ELEVENPLAY』のモザイク公演が思い出されました。

AR演出と言い、ライゾマさんが絡んでいそうな気がしてなりません。

次は大阪城ホール。

チケットのブロック割りを見ると、さいたまスーパーアリーナとはステージ構成が異なりそうな気がします。

どんなことになるでしょう?

楽しみにしています♪
スポンサーサイト

TEMPURA KIDZ@ THE BLOCK PARTY Vol.3

セットリスト
SE ミイラキラーRemix(ダンスナンバー)
01 ミイラキラー
02 さくらさくら
03 ドリーミー・ワンダーRemix(ダンスナンバー)
04 Growing Pains
05 ONE STEP
06 はっぴぃ夏祭り
07 LOLLiPOP

衣装はTHE CLUB EDITION。

TEMPURAメンバーのライブにかけるモチベーションはおそらく昨年のワンマンライブ『PiECE OF CAKE~THE CLUB EDITION~』以上だったように思います。

Remix音源を使ったダンスナンバーを2つも入れる攻めのセットリストでした。

しかしながらTEMPURA KIDZが本気のダンスパフォーマンスを披露すると、ワンマンライブの時のようにお客さんとの温度差が露わになってしまうのが感じ取れました。

TEMPURA KIDZが激しいパフォーマンスをしているのに、お客さんは声も出さず手も振りかざさず、静かになってしまうというのはしょうがないことなのかもしれません。

そんな雰囲気では絶対私は楽しいと思いませんし、演者と観客のモチベーションがぴったり合い、テンションが最大限に高まった時にしか見られない『一段上のパフォーマンス』っていうのが見ることができないことも承知の上で、それでもTEMPURA KIDZにはこのスタイルを貫いて欲しいなと思っています。

今も昔もTEMPURA KIDZのダンスパフォーマンスはめちゃくちゃカッコいいですから。

時間はかかるかもしれないけど、ファンもTEMPURA KIDZのライブに付いてこれるようになるでしょうし、これまで見向きされてこなかった客層を獲得できるチャンスもあると思います。

お客さんと一体となって楽しむ『ライブ』を推したい自分ではありますが、プロダンスアクトとしてのベクトルが大きくなっているTEMPURAメンバーの意思は尊重したいですし、主催イベントを開催しても会場を埋めきれていない現状打破にもなるはずです。

ただ、一点気になったのは、曲のいくつかでリーダーズのように手を振り下ろす煽りを入れていたことです。

他のアーティストのライブから学んで、良いところを取り入れるというのなら納得ですが、あの煽りは福島のフェスでリーダーズのライブを見たままの真似だと感じました。

先日P→★さんがこのようなツイートをしていただけに私はけっこうショックを受けました。



自分たちらしさを押し通すんじゃないんだ、少なくともTEMPURAライブらしく消化してパフォーマンスに変えるものじゃないんだ、という違和感によるものです。

TEMPURAメンバー手作りのTHE BLOCK PARTYが気持ち良く進んでいただけに、この時の私の動揺は隠しきれず、過去2回していたメンバーの出待ちもする気分になれなかったことは察してください。

ONE+NATION music circus【TEMPURA KIDZ編】

セットリスト
01 すいみん不足
02 CIDER CIDER
03 マスクマスク
04 ONE STEP
05 はっぴぃ夏祭り
06 どんなときも。
07 LOLLiPOP

TEMPURAメンバーの衣装はTHE CLUB EDITIONでした。

この日はTEMPURA KIDZのワークショップで選考を受けた43人のキッズダンサーとの共演でした。

いつもの出囃子が終わると、女子高生の制服を着たバックダンサーと一緒にYU-KAとNaNaHoが登場。

バックダンサーの衣装はすべて過去にTEMPURA KIDZがMVで着ていたものということが後になって判明しましたが、制服はすいみん不足の衣装に似たものということでしょう。(当時のTEMPURAメンバーより明らかに背が高いダンサーさんたちでしたから。)

1番間奏でAOさんが登場し、ダンサーさんたちも入れ替わりです。

ここで大声の「AOさんどうぞ!」が揃いました♪

CIDER CIDERでは衣装を着たちっちゃなダンサーズを引き連れてP→★、KARINも登場。

TEMPURAメンバーは最新の振りを踊り、ちびっこダンサーズはオリジナルの振りを踊るのです。

色んな想いがフラッシュバックするこの光景はたまりませんでした…

私はTEMPURAさんの最新の振りにはほとんどついていけないので、バックダンサーを見ながら振りコピしてましたが、ちびっこたちのダンスはキレッキレで、一生懸命踊っているのに対して私の不完全な振りコピで惑わすのは申し訳ないなと少し自重したくもなりました。

マスクマスクではTeam TEMPURAのTシャツを着たバックダンサーに入れ替わり、ショートバージョンのマスクマスクの披露でした。

大人数でキツネポーズのワイパーを煽られたら圧巻ですね。

会場全体があの動きをせざる得ません笑。

ちびっこダンサーズが着ていたONE STEPの衣装も考え深くて、私は泣きそうになりながら踊りました。

ここでMCです。

MCの内容はこんな感じでした。

・福島はNaNaHoの出身です。

・初めて福島でライブします。

・前からやってみたいと思っていたワークショップでレッスンした子達と一緒にライブするのも初めてのことです。

・夏も終わりですが、この曲行きます!みんな声出して!

という曲紹介ではっぴぃ夏祭りです。

続く『どんなときも。』は久しぶりの披露でしたが、やはり振りが大人のTEMPURA KIDZらしく進化しており、もはや私の振りコピはちぐはぐで、自分で笑うしかありませんでしたw

ラストはもちろんLOLLiPOP。

これまた48人のTEMPURA KIDZが踊るとど迫力でした。

たまに動画で見かけるように、サビでP→★さんが高速手回ししていたので真似しようとしたら、全く付いて行けず、そんな私を見たP→★さんがニヤニヤしていたような気がしますw

高知よさこいの打ち上げ動画を見て練習したんだけどな…

全ての曲が終わると、48人のTEMPURA KIDZが整列して大団円です。

このライブの進行は本当に抜群でした。

30分足らずの持ち時間が1時間にも2時間にも感じるような充実感でした。

またワークショップで選考したファンと一緒にライブする機会があると良いなと心から思いました。

夏の魔物in川崎【新しい学校のリーダーズ編】

セットリスト
01 毒花
02 宮尾
MC(MIZYU作文)
03 キミワイナ’17
04 学校行けやあ゛



公開リハに登場した時から大きな拍手が起きていました。

本番が始まれば、いつも以上に大きなオイ!オイ!の掛け声に、いつも以上の大きな手拍子。

本当に盛り上がっていました。

リーダーズはステージの狭さにフォーメーションの調整に苦戦する様子を見せつつも、最終的にはステージをはみ出す壮大なパフォーマンスを見せてくれました。

『キミワイナ’17』のRINとMIZYUのかけっこではステージを降りて、ステージの周りを使って走り回っていました。

さらに『学校行けやあ゛』の間奏では、SUZUKAがステージを降りて柵に近寄ると、なんと最前のお客さんの顔まで10cmという距離まで近づいてメンチを切っていましたw

その人はSUZUKAの迫力にタジタジでした。

実際私がやられてもビビりますw

MIZYUの作文では、

「夏の魔物にお呼びいただき光栄です。

皆様にはグリーンステージにお集まりいただき感激の極みです。」

というコメント。

ラスト曲前には、

「ここまで一方的なライブをしてしまい大変申し訳なく思っています。

ですが、最後の曲ではジャンプしたり、身震いしたりできる可能性があるかもしれません。」

とMIZYUが紹介し、

「まだまだ行けんのか?!」

(おぉ~!!)

というSUZUKAのコール&レスポンスも板についてきました。

普段からリーダーズが対バンライブに出演する時には、自分たちの出番が終わると他のアーティストのライブを研究する様子を見てきましたが、こういう形でライブの進行が気持ち良く決まるようになってきて、本当に楽しくてしょうがないです♪

下校(退場)の際の「魔物ボンバイエ!魔物ボンバイエ!」の掛け声も、お客さんから大声で発声がありました。


リーダーズの出番が終わると、CD販売の特典会としてサイン会が開かれました。

行列ができるほどの数ではありませんでしたが、リーダーズのグッズを持たない多くのお客さんが参加していました。



リーダーズの特典会は独特で、お客さんがブースに到着するとメンバーから盛大な拍手で迎えられ、また去り際にも拍手で送り出されるのです。

そしてリーダーズの特典会の終了時刻になると、誰に向けてともなくメンバーが「ありがとうございました!」と一礼したところで大きな拍手が起きたのでした。

特典会に参加した人たちがブースから少し離れたところに残ってくれていたのです。

メンバーはすごく嬉しそうにしていましたし、私もすごく感動しました。

本当に素晴らしい現場に立ち会えたと思います。

ONE+NATION music circus【三戸なつめ編】

セットリスト
01 前髪切りすぎた
02 スプリングレイン
03 おでかけサマー
04 わたしをフェスに連れてって
05 なつめろ

会場のほとんどのお客さんがなつめさん初見でしたが、多くの人が『前髪切りすぎた』のチョキチョキや『おでかけサマー』のサビの振りを真似してくれていました。

特に『おでかけサマー』は振りの指導がなくいきなりやったにも関わらず、見よう見まねでみんな動きを見せていたのには感動しました。

「みんなの前髪を汗でぐちょぐちょにしてやるよー!」

と言ったところで一人笑いのツボに入ってしまったなつめさんでしたが、「わたしをフェスに連れてって」で新しく取り入れたタオル回しもフェス!フェス!の掛け声もいっぱい揃っていました。

楽しいライブでした♪
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示