FC2ブログ

KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017@NHKホール千秋楽

セットリスト
01 最&高
02 PONPONPON
03 み
04 さいごのアイスクリーム
05 キミに100パーセント
06 KISEKAE
07 ふりそでーしょん
08 ファッションモンスター
09 つけまつける
10 のりことのりお
11 No No No
12 Crazy Party Night ~ぱんぷきんの逆襲~
MC(質問コーナー)
13 良すた
14 おしえてダンスフロア
15 CANDY CANDY Remix
16 もんだいガール
17 インベーダーインベーダー -extended mix-
18 とどけぱんち
19 にんじゃりばんばん
20 きらきらキラー
21 原宿いやほい
アンコール
22 コスメティックコースター

23 ゆめのはじまりんりん

24 もったいないとらんど

福岡公演の後だいぶ間が空いてしまいましたが、なんとかIYAHOIツアー千秋楽に参加することができました。

空いた1カ月の間にきゃりーさんのライブがまた大きく進化していました。

『No No No』、『原宿いやほい』、『コスメティックコースター』、『ゆめのはじまりんりん』の4曲では、きゃりーさんもそれまでの公演でお客さんと一体感を作り出すコツがつかめていなかったというか、ダンスで魅せるのが良いのか?お客さんに同じを振りをしてもらうのが良いのか?となんとなく戸惑いながらパフォーマンスしていたように思っていました。

それがこの公演では気持ち良くハマっていたように感じたのです。

その他の曲では、ファンがこれまでしてきた合いの手を全て取り込んで、さらにきゃりーさんが自分なりにこうして欲しいという想いを込めて作り上げていたようなので、これまでもすごい会場の一体感を感じていました。

リリース前はライブ用の振りが付いてなかった『良すた』も『とどけぱんち』もすごく踊れる曲であることがわかりました。

この2曲についても、今後はきゃりーさんから振りの指導を入れることがあるのかな?といろいろ妄想を掻き立てられながらもどんな成長するのか楽しみな曲です♪

(私は初見の曲でも勝手に振りコピしているので、きゃりーさんがお客さんにどうして欲しいのか思っているところを気にしています。)


それ以外で気付いたパフォーマンスとしては、『ゆめのはじまりんりん』できゃりーさんが感情を込めて歌っていたのです。

あんなに力強い歌声はこれまでに聞いたことがありません。

中田ヤスタカ氏が作る楽曲のボーカルのサンプリングは座って行い、感情や力を込めて歌うようには作られていないようですから、それが逆にダンスをしながらも乱れない安定した歌唱につながっていたものと思います。

きゃりーさんの歌唱には本当に心を打たれました。


あとどの曲だったかは忘れてしまいましたが、きゃりーさんがステージ前方に出てきて、客席煽るように指をクイクイッてやったのはすごくテンション上がりました笑。

きゃりーさんがあんな煽りするの初めて見ましたから。


スタッフさんの演出も巧みで、原宿いやほいでは天井に『原宿でいやほい』とレーザー光線で映し出したり、ラスト曲の『もったいないとらんど』では「ツアーお疲れ様でした」と映し出したりと、25公演のツアーをやり遂げたきゃりーさんを労う演出に感極まりそうになりました。

きゃりーさんはどうかな?と思って見ていましたが、集まってくれたファンや一緒にライブを作り上げてきたきゃりーダンサーズ、スタッフさんたちに感謝を伝えるためにも今回ばかりは感傷に浸るような様子はなかったですね。

IYAHOIツアー千秋楽も通過点、まだまだすごいライブをしたい!もっともっとファンと一緒に楽しみたい!というきゃりーさんの意気込みのように感じ取れました。


ちなみにMCでも、まだスタッフさんにも話していない構想段階との前置きはありましたが、きゃりーさんはコンセプトライブの開催を考えているそうです。

コンセプトはそれぞれ、ライブハウスでやる『ライブ』と、本来のきゃりーらしいグロかわいいセットでライブする『世界観』というもの。

『ライブ』は演出のための大道具なし、きゃりーさんときゃりーダンサーズとお客さんとのガチンコライブ、衣装も着ないでやるらしいです。。(と、きゃりーさんが申していましたが、決して裸でやるわけではないとのこと!笑)

きゃりーライブの原点回帰になるようなオールスタンディングでのシンプルなライブも本当に楽しみです。

フェスもけっこうたくさん出演が決まっているようですからこちらも楽しみにしています♪
スポンサーサイト

クアラルンプールANIME X OVER

TEMPURA KIDZにとって初めてとなるマレーシアのイベント出演を見てきました。

ANIME X OVERは日本のアニメやコミックを元にしたマレーシア版のコミックマーケットでした。

日本人アーティストのライブ以外にも、コスプレショーやゲーム大会、自主製作グッズの販売がありました。

タイ・バンコクのJAPAN EXPOもコスプレやヲタクが大勢集まっていましたが、このマレーシアではいったどこで情報を仕入れたのだろうと驚くほどヲタクの度合いが高かったです。

それと分かるようなヲタクはみんなキングブレードを持ち(バンコクはペンライトでした)、一箇所に荷物を固めて置いて円陣を組むような場所取りがあったり、日本人アーティストが現れれば「NaNaHoちゅわ~ん!AOすゎ~ん」のような奇声を発するのです。

日本でしかこういった行動は見たことがなかったので衝撃でした。


TEMPURAさんの出番は12時からのMeet&Greet(ポスターへのサインと握手)と14時30分からのライブです。

Meet&Greetの権利は、事前にANIME X OVERのFacebookが応募していたものと、会場で元気よく挙手した人たちに配布するというものでした。

なんとなくノリで参加していたというよりも、真剣にTEMPURAさんたちに会いたいという感じの人たちが多かったように思います。

ドリーミー・ワンダーの衣装を着たメンバーがステージ上に現れて、NaNaHoさんが英語で挨拶をすれば会場から大歓声の反応がありました。

日本語で話しても通訳さんが訳す前から反応していたのもまたすごかったです。

もちろんメンバーが話すマレー語にも大いに反応していました。

メンバーがテーブルに付いてMeet&Greetが始まれば、何語で会話をしているのかはわかりませんでしたが、これまた通訳さんなしでファンとメンバーが話しているように見えました。

ファンと交流している様子を見るのはどこの国に行ってもほんわかするものです。


さて、以下はライブの様子になります。

セットリスト
SE さくらさくら~CIDER CIDER
01 すいみん不足
02 I Like It(手拍子)
03 マスクマスク
04 ミイラキラー
05 はっぴぃ夏祭り
06 LOLLiPOP
07 どんなときも。


これまでのTEMPURAさんのライブ現場の中でも過去最高にヲタクの割合が多かったですから、悔しいことに盛り上がりは日本以上だったように感じました。

出だしから熱狂的な盛り上がりに、ついついYU-KAさんと顔を見合わせてしまいました笑。

すいみん不足の1番の間奏では元気よくコール&レスポンスがあり、2番の間奏の「AOさんどうぞ!」はおそらくマレー語だったようでした。

マスクマスクの前奏と間奏でもオイ!オイ!(正確にいうとウリャ!オイ!でしたがw)のコールがありました。

マレーシアのファンの乗り方は私も日本でこれくらいやりたいと思っていた乗り方ばかりだったので嬉しくてしょうがなかったです。

その代わりに私の方からもはっぴぃ夏祭りとLOLLiPOPの落ちサビのケチャを仕込んでおきました笑。

ペンライトを持っている人が多かったですからケチャもきれいに決まっていました。

ちなみにLOLLiPOPのサビでは、TEMPURAメンバーが手拍子を煽っているにも関わらず隣の人がサビのダンスを完璧に踊っていたのです。

驚きでした。

どんなときも。のワイパーもきれいでした。


ライブ終演後は会場外でファンとの撮影会になりました。

最初は色々なリクエストに快く応じていたメンバーも、あまりにしつこいヲタクにはうんざりする表情を見せたりも…(たぶん私しかこんな風に見てないと思いますが←)

いや基本的にはメンバーみんな笑顔でした。

約30分の撮影会の最後には、集まってくれたファンにまたマレーシアでの再会を約束してお別れしました。


初めてのマレーシアはTEMPURAメンバーも良い経験だったとツイートしていますし、私にとっても本当に良い体験になりました。

日本では見られないメンバーの表情やパフォーマンスが見られるのが海外遠征の楽しみでもあります。

この後もドイツ・デュッセルドルフのイベントを控えていたりと、TEMPURA KIDZのワールドワイドな活躍が本当に楽しみです♪
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示