FC2ブログ

Charisma.com OLest リリースワンマンツアー前半戦

ネタバレはあまりありません。

Charisma.comさんのメジャーデビューアルバム『OLest』リリースワンマンツアー「No more ZANGYO!!」の大阪・心斎橋 Music Club JANUS、名古屋・ell.FITS ALL公演に参加してきました。

フェスなどのイベントで何度となくカリスマさんのライブは見てきましたが、ワンマンライブはこれが初めてです。

お客さんの盛り上がりはいつもと変わらないようですが、いつかさんとごんちさんのパフォーマンスは格段に違っていました。

ワンマンだからこそイベント主催者や共演者を気にせずできることはいっぱいあると思うのです。

なので、いつかさんはいつも以上にSっ気を、ごんちさんはいつも以上にぐだぐだっぷりを発揮していました(ぉぃ)。

普段のいつかさんなら歌唱に集中して会場を煽ったりごんちさんを弄ったりすることがない場面でも、手拍子やポーズ、ジャンプでビシバシ会場を煽り立て、ごんちさんとの掛け合いも多くなっていました。

ごんちさんはと言えば、曲出しのタイミングが合わなくて何度もやり直したり、MCで噛みまくっていつかさんにもお客さんにも突っ込まれまくったりと、ワンマンでこそごんちさんらしさが倍増するのでした笑。

とは言っても、ごんちさんがステージ前方に出てきて踊ったり、長めの曲を歌ったりというのは滅多に見れないので貴重でした。

そして、演出がまたすごいのです。
ステージ上にはDJ卓、脚立、シュレッダー、観葉植物とオフィスをイメージしたような小道具が並んでいました。

DJ卓に描かれたCharisma.comのCを組み合わせたロゴは曲調に合わせて様々な色で点灯します。

激しい曲では色とりどりのレーザーが会場の四方八方を飛び交うのです。

ほぼ全曲で使われるVJも含めて演出がとてもかっこいいのですが、これらの演出を見て感じたこととしては、早くZepp級の大きい会場でライブをしてほしいと思いました。

狭いフロアではシーケンスでしか動かせないレーザー演出も、広くなると色んな幾何学模様も描けますから。

カリスマさんの楽曲は元々強烈なものばかりですのでいつでもジャンプしまくりですが、演出が変わると会場の乗り方もまた変わってくるのではないかとワクワクしています。

後半戦も楽しみです♪

ちなみにツアータイトルは「No more ZANGYO!!」ですが、残業はあります。
スポンサーサイト

TEMPURA KIDZ@OSAKA KAWAii‼︎

セットリスト
すいみん不足
ミイラキラー
マスクマスク
MC(LOLLiPOP振付レクチャー)
LOLLiPOP
はっぴぃ夏祭り
どんなときも。

ASOBISYSTEM主催の○○ KAWAii‼︎系イベントだからこそ人気抜群のTEMPURA KIDZでした。

ライブの始まりを伝えるジングルからメンバーの名前を呼ぶ声が多かったです。

ステージエリアはグランドフィナーレに出演するモデルさんが目当てのお客さんも多かったですが、LOLLiPOPの振りはみんなやってくれていましたし、今日こそセトリに入れてほしいと思っていたはっぴぃ夏祭りではオイ!オイ!も大声で揃っていました。

LOLLiPOPの歌詞『東京原宿テンプラキッズ!』のところを『大阪茶屋町テンプラキッズ!』と替えて歌った時には大歓声でした。

お客さんの反応が良かったのでメンバーも昨日とは少し違って安心した感じの笑顔でした。

ホームとアウェイでは緊張感も違うでしょうね。


ちなみに、グランドフィナーレでは「テンプラキッズです!テンテン!」のポーズを入れてのランウェイでした。

TEMPURA KIDZは今日のイベントのトリを飾るヘッドライナーであるにもかかわらず、共演者に気を使ってステージの端っこに立ったり、「先にどうぞ」と譲るような仕草はTEMPURAらしいなぁって思いました。

新しい学校のリーダーズ@OSAKA KAWAii‼︎

第1部MBS茶屋町プラザ
前ならわない
Bounce放課後
透明ガール
噛むとフニャン tofubeats Remix

第2部NU茶屋町ステージ
Bounce放課後
前ならわない
透明ガール
噛むとフニャン tofubeats Remix

新しい学校のリーダーズの関西初ライブにして完全にホームと言える盛り上がりでした!

司会者さんの呼び込みからリーダーズメンバーの名前を叫ぶ声が多く、フロントエリアでは手拍子、振りコピ、ケチャ、PPPHがあって、東京のライブと全然雰囲気変わっていました。

会場が盛り上がるとリーダーズのダンスのキレも増して、これぞライブ!という感じで本当にすごかったです♪

リーダーズメンバーは今日はすごくリラックスした表情でパフォーマンスしていました。

これまでのライブではあんなにお客さんにレスできていませんでしたから。

すごく良い笑顔をしてました( ´ ▽ ` )

ところで、ちょっと気になったのが、新しい学校のリーダーズにはメンバー紹介がないこと。

メンバーの名前が入ったSEがあるにはあるのですが、おそらく初めて見る人では顔と名前が一致しないと思います。

ライブが終わってみると、「あの眼鏡の子かわいい!」「ツインテールの子かわいい!」というお客さんのコメントが聞こえてくるのです。

ユニットのコンセプトに従って『出席確認』みたいな感じでメンバー紹介があると良いのになって思っています。

TEMPURA KIDZ@OASIS LIVE 2015

第1部セットリスト
すいみん不足
マスクマスク
MC(LINEアカウント告知、名古屋ごはん質問)
好きだ 好きだ 大好きだ!
MC(LOLLiPOP振付レクチャー )
LOLLiPOP

第2部セットリスト
すいみん不足
ミイラキラー
マスクマスク
MC(昼の部と雰囲気変わった、LOLLiPOP振付レクチャー )
LOLLiPOP
どんなときも。

今日のイベント出演者をジャンル分けしたとすると、
・アイドル
・お笑い芸人
・TEMPURA KIDZ

な感じだったので、客層はアイドルファンと中高年の方が大半を占めるというTEMPURA KIDZにとっては完全アウェイでした。

それでも今のTEMPURA KIDZはアウェイをそのままアウェイにするわけがありません。

会場を煽り立てるためかメンバーのダンスパフォーマンスがいつもより大きく見えました。

特にP→★ちゃんがすごく男らしい顔して積極的に会場を煽っている様子は初めて見たような気がします。
(普段なら中性的なほんわかした笑顔でパフォーマンスしてますからね)

もちろん、変顔もいつも以上に全開でした笑。

それに反応していたお客さんも多かったようです。

振りが難しい、1回じゃ覚えられないとクレームが多数来る(NaNaHo談)のLOLLiPOPを振付をお客さんに丁寧に教え、きちんと「やってください」とお願いするので、お客さんもわちゃわちゃしながらもみんな踊っていました。

そんな雰囲気でライブをしめくくるので、お客さんはみんな笑顔になっていました。

本当、海外のフェスを盛り上げてきたTEMPURAのライブパフォーマンスは伊達ではありませんね。

A.Y.M. Ballads @日本橋三井ホール

セットリスト(カッコ内はカバー元)
01. 恋するフォーチュンクッキー(AKB48)
02. TOMORROW(岡本真夜)
03. White Love(SPEED)
04. Oneway Generation(本田美奈子)
05. 白いパラソル(松田聖子)
06. Hellow, Again~昔からある場所~(MY LITTLE LOVER)
07. secret base~君がくれたもの~(ZONE)
08. SWEET SWEET 19 BLUES(安室奈美恵)
09. Magic Music(木村カエラ)
10. 交信曲第1番変口長調
11. Daydreamin'
12. 宙
13. 明日の風
アンコール
14. See you…(さくら学院)
15. 彩りの夏
ダブルアンコール
16. A.Y.M.

バンド演奏の迫力はもちろんですが、濃厚なバラード調に編曲されたカバー曲およびオリジナル曲を情緒豊かに歌い上げる彩未さんの歌声に最初から鳥肌立ちっぱなしでした。

彩未さんが一曲歌い出す度に心の中で『すごい!すごい!』って浮かんできて、とにかくワクワクしっぱなしだったのです。

カバー曲は知っているというか、カバー元のアーティストのライブでも聞いたことあるし、好きな曲ばかりなので、体を揺らしながらついつい口ずさんでいました。

今回のライブはA.Y.M. Balladsのタイトル通りにバラード形式でしたが、彩未さんの攻めの歌唱はロックのライブのように感じられて、座ったままでしたがとにかくじっとしていられなかったのは事実です笑。

彩未さんが歌いながら会場全体に「ライブして!」って顔をしているような気がして、同時に「Balladsだから座っててね♡」って顔もしていたので、私としてもすごく前のめりな感じで聞き入りつつ、着座ライブなのにかなり汗かきました。

そんなめちゃくちゃテンションが上がるライブの中でも、紳士的に座ったまま彩未さんの歌唱に聞き入る彩未さんのファンの姿はかっこいいものでした。


それにしても彩未さんの楽曲のプロデューサーでもあり、この日キーボードを演奏した本間昭光さんと彩未さんの関係性がすごく良いなって感じました。

彩未さんが本間さんを尊敬するのは当然かもしれませんが、本間さんもまた彩未さんをアイドルとして以上にアーティストとしてすごく尊敬していると思ったのです。

それでないと『もう一つの卒業式』のアンコールにも付き合ってくれないでしょうし、この日サプライズで発表された本間さんの50歳記念ライブ『本間祭り』への彩未さんの出演もないでしょう。

この音楽プロデューサーと歌い手の関係性はきゃりーと中田ヤスタカ氏と同じように感じました。

ヤスタカ氏が提供している楽曲の中でも最も理想に近いライブしているであろうきゃりーに対しては、どんどんオリジナル曲を編曲して提供し、またかっこいいライブを作り出していますから。

歳の離れたアーティストさんとも尊敬し合える関係を築ける彩未さんなら日本武道館はもちろん、もっともっと大きい会場でも羽ばたいていけると確信しています。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示