FC2ブログ

COUNTDOWN JAPAN FES.14/15 DAY1

CDJ1415初日の様子です。

fc2blog_20141231111515787.jpg

今年から幕張メッセの9~11ホールも使用することになったため、去年までと入場するところが違っていました。

8時に9~11ホールが開館し、2階で整列待機。

10時に1階でリストバンドを交換した後はステージホールの入り口である5ホール前まで移動です。

fc2blog_2014123111130003a.jpg

会場が広くなった分かなりの距離を歩くことになりました。

入場を待つ列が長くなってくると開場が早まります。

この日は11時開場でした。

見て来たアーティストの順に少しだけ感想を。


【フジファブリック】

セットリスト
01 夜明けのBEAT
02 シャリー
03 efil
04 若者のすべて
05 はじまりのうた
06 バタアシ Party Night
07 銀河
08 LIFE

仮面チャウダーでやっと気付いたのですが、山内総一郎さんのMCが抜群に面白いです。

演奏も熱くて圧縮、オイ!オイ!も発生。

フジファブリックさんは多くのフェスでオープニングアクトとして出演することが多いですが、良い感じに会場がヒートアップしますね。


【miwa】

セットリスト
01 君に出会えたから
02 リトルガール
03 Faith
04 ヒカリへ
05 LOUD! ~憂鬱をぶっとばせ~
06 chAngE
07 again x again
08 ミラクル

スピーカーなどに立ち上がって会場を煽るmiwaさんのパフォーマンスに、去年とは打って変わって強烈な圧縮がありました。

やっぱこうでないと♪

タオルを回したり振りコピしたりと、会場が一体になれる曲が多かったのが良かったです。


【NICO Touches the Walls】

セットリスト
01 バイシクル
02 手をたたけ
03 ホログラム
04 N極とN極
05 Mr.ECHO
06 THE BUNGY
07 ニワカ雨ニモ負ケズ
08 天地ガエシ

RADIO CRAZYなどで圧縮、モッシュ、ダイブを経験しているので、想像通りに激しいライブを楽しみました。

おかげで頭を振りまくって軽く脳震盪起こしましたw

まだ首が痛いです。


【きゃりーぱみゅぱみゅ】

詳細なレポはこちらで。
http://hamauna317d.blog46.fc2.com/blog-entry-897.html

さすがにぎゅうぎゅう詰めのフロントエリアでは、Ring a Bellで手拍子ぐらいしかできず肩を組むことはできませんでしたが、後方エリアの動きは感じたのできっとみんな振りを揃えてくれていたでしょう。

きゃりーのライブを見たお客さんたちの「可愛いかった!」というコメントよりも「楽しかった!」という感想が多かったのが嬉しいですね♪


【CAPSULE】

セットリスト
01 more more more
02 FLASH BACK
03 新曲
04 JUMPER
05 WORLD OF FANTASY
06 新曲
07 Sugarless GiRL
08 Starry Sky

セトリが完全にフェス仕様でした。

踊りまくってめちゃくちゃ楽しかったです♪

こしこのラジオ体操も笑。

新曲の印象としては、きゃりーのピカピカふぁんたじんの流れを次ぐようなファンタジーさを感じました。

ピカピカふぁんたじんが邦画冒険物語と例えるならCAPSULEは洋画のそれのような感じです。

アルバムが楽しみです。


ここでCDJ初日は会場をあとにしました。
スポンサーサイト

COUNTDOWN JAPAN 14/15【ねごと編】

セットリスト
01 カロン
02 黄昏ラプソディー
03 M.Y.D.
04 endless
05 メルシールー
06 ループ

rock'in onのクイックレポート
http://ro69.jp/quick/cdj1415/detail/116048


サウンドチェックでねごとメンバーが登場すると手始めに2曲を演奏。

これで去年のムーンステージより大きいコスモステージのお客さんの心をかなり掴んでいたと思います。

フロントエリアでは「可愛いー!」の声。

確かにフェミニンな衣装で、これまでとは少し雰囲気が違って見えました(^^)


出囃子が流れて手拍子の中、本番のステージにメンバーが登場するや、まずは「カロン」。

イントロからオイ!オイ!が入るし、サビではジャンプするし気分が盛り上がります♪

続くのは最近の曲。

こちらは体を揺らしながら聴き入る感じの曲ですね。

ニューアルバムの新曲endlessは初見ですが、手を振ったりして多くの人が反応していたと思います。

ラスト2曲はもはやフェスでは定番となっているメルシールーとループなので、フロントエリアは俄然盛り上がっていましたし、後ろの方からも熱気を感じました。

幸子さんもMCで言っていたように、ねごとと同じ時間にはONE OK ROCKとキュウソネコカミが出演していて集客が難しい状況にもかかわらずにです。

最近のねごとはライブ会場の規模が以前より小さくなっていて心配していましたが、次のツアーも楽しみになってきました♪

COUNTDOWN JAPAN 14/15【TEMPURA KIDZ編】

セットリスト
01 ダンスナンバー
02 すいみん不足
03 マスクマスク
04 さくらさくら
KARINボイスパーカッション披露
Charisma.com登場
05 イイナヅケブルー
06 ミイラキラー
07 はっぴぃ夏祭り

rock'in onのクイックレポート
http://ro69.jp/quick/cdj1415/detail/116024


今年はRAM RIDER×TEMPURA KIDZとしてアストロアリーナに出演。

RAMさんのDJプレイに続いてスペシャルゲストとしてMEGさんが登場し、さらにはCharisma.com×TEMPURA KIDZがCDJで実現しました。

会場はこの後のアーティストを目当てとしたお客さんでエリアのほとんどが埋まっていましたが、TEMPURA KIDZにとっては完全アウェイ。

それでも海外のフェスを沸かせてきたライブパフォーマンスをいかんなく発揮させて、多くのお客さんをライブに巻き込んでいました。

Charismaさんの登場で会場のボルテージがさらに上がった後のリーダーYU-KAのMCには感慨深いものがありました。

「今日は何としても今までで一番いいライブをしなきゃいけない。」

この言葉について私が感じたことは以下です。

海外で人気を得ているのは事実。

けど日本ではまだワンマンライブでチケットを売り切れていない。

さらなるステップアップのためにはやっぱり日本のファンを獲得しなければならない。

そして、デビュー2年を迎えるに当たって、同年代で親交のあるアーティストたちの活躍に対する焦り。

そんな想いから来た言葉だと思いました。

YU-KAの言葉に共鳴してか、はっぴぃ夏祭りでは、ほとんどの人がオイ!オイ!の掛け声を入れていましたし、手の振りもやっていました。

TEMPURA KIDZが目当てじゃないとしても、アストロアリーナを埋め尽くしたお客さんたちには確実にTEMPURA KIDZのライブパフォーマンスの良さが印象付けられたと思います。

良いライブでした♪

COUNTDOWN JAPAN 14/15【きゃりーぱみゅぱみゅ編】

セットリスト
01 ピカピカふぁんたじん
02 もったいないとらんど
03 ファミリーパーティー
04 Ring a Bell
05 つけまつける
06 インベーダーインベーダー
07 PONPONPON
08 にんじゃりばんばん
09 ファッションモンスター Extended Mix
10 きらきらキラー Extended Intro Edit

rock'in onのクイックレポートはきゃりーのMCまで詳しいですね。
http://ro69.jp/quick/cdj1415/detail/115951

書くことなくなってしまいます(^_^;)


レポートが触れていないところを少しだけ書きます。

今日のきゃりーキッズはアリーナツアーでテディキッズとして登場したメンバーでした。

全員が何人なのか把握していませんが、数えてみたら13人。

これまでのきゃりーが出演するフェスでは、きゃりーキッズは多くても8人まででしたが、私にとっても待望のフルメンバーの登場です!

ステージは近いし、キッズはテディメイクじゃなかったので、全員の顔が見えました。

すごく良い顔してライブしてました♪

ちなみに、きゃりーキッズがアースステージ出演の最年少記録じゃないかな?って思います。

あの広いステージでのパフォーマンスは本当かっこいいです!


きゃりーさん、今年最後のライブということでかなり気合いが入った様子でしたが、気持ちがはやってしまったのかちょこっとだけ失敗してしまいました。

ファミリーパーティーの歌の出だしが早くなってしまったのです。

でも、これできゃりーが生歌であることに会場みんなが気付いたと思います。

これぞ禍を転じて福と為す、ですね(?)


あと会場はそんなに暑くないにも関わらず、きゃりーは頻繁に水分を取っていました。

少し体調が悪いのかなと心配になりました。

今年残すは紅白歌合戦の大舞台だけなので、しっかり調整して良い形で2014年を締めくくってほしいなって思います。

武藤彩未OWARI HA HAJIMARI@赤坂BLITZ

セットリスト
01 A.Y.M
02 Seventeen
03 Doki Doki
04 桜ロマンス
05 宙
06 とうめいしょうじょ
07 ミラクリエイション
08 パラレルワールド
09 RUN RUN RUN
10 交信曲第1番変ロ長調
11 彩りの夏
12 明日の風
アンコール
13 OWARI HA HAJIMARI
14 永遠と瞬間
15 女神のサジェスチョン
ダブルアンコール
16 OWARI HA HAJIMARI


なんというかものすごいライブでした。

武藤彩未さんの歌唱力は半端なかったですし、バンド演奏もめちゃくちゃ熱い!

アイドルのライブではなくロックバンドのライブだったという印象でした。

新曲を4曲披露しましたが、初見にも関わらず大声のオイ!オイ!が入るし、振りコピも。

けど圧縮はありません。

みんながそういうライブスタイルだということを知っているんですね。

私としては圧縮があった方が好きですが、これはこれで他にはない本当に楽しく気持ち良いライブなので好きです♪


演出がまたすごかったです。

ライブハウスでは見たことないほどスポットライトが多い!

しかも配置が独特。

そのたくさんのライトを使って会場めいっぱいに幻想的な世界が浮かび上がらせるのです。

さらにはステージ後ろの無数の傘を使ったプロジェクションマッピング。

これには鳥肌が立ちました。


衣装は衣装で力入ってます。

1着目:銀色のベルト付きワンピース

2着目:レインボーカラーのもこもこワンピース

アンコール:ライブTシャツのリメイク

2着目はナタリーの記事にも載ってますね。
http://natalie.mu/music/news/134998

彩未さんも衣装については絶賛で、MCの時にくるっと一回転♪

後ろ姿もすごく凝っていました。


MCでは高校最後のテスト結果報告していました。

ドラムロールとお客さんの「おぉ~!」という声に乗せての発表です笑。

81点~92点とアーティスト活動しながらも優秀ですね。

彩未さんのMCが面白いのはもちろんですが、バンドメンバーのMCも秀逸でした。


新曲の印象は、初見からオイ!オイ!が入ったように、「永遠と瞬間」収録曲とは雰囲気が変わったロックでポップな曲調でした。

フェスなどで披露していくと、お客さんの乗り方によってどんどん成長していきそうな曲ばかりでした。

「ミラクリエイション」のタイトル名を聞いてPerfumeのションションメドレーが浮かんだ人は私だけじゃないと思います笑。

しかも曲が電子音強めで声もエフェクトがかかっていた感じだったので、心の中でテンション上がりまくっていましたw


ダブルアンコールがあったのは特筆すべきですね。

1回目のアンコールが終わってメンバー全員がステージをはけた後、会場BGMとしてOWARI HA HAJIMARIが流れたのです。

曲に乗って手拍子が始まり、客電が灯いているにも関わらず誰も帰ろうとしませんでした。

1曲が流れ終わろうとした時に再び彩未さんとバンドメンバーが登場!

もう1回OWARI HA HAJIMARIを歌ってくれることになりました。

本当に素晴らしいライブでした♪
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示