FC2ブログ

木村カエラ Synchronicity TOUR 2013@伊勢原市民文化会館

カエラさんのツアー初日に行ってきました。

ツアーが始まったばかりなので曲名と演出のネタバレにならないように感想を。

※セットリストは一番最後に記しました。


5年ぶりとなるカエラさんのホールツアー。

アリーナほど広くなく、ライブハウスほど近くない。

伊勢原市民文化会館のキャパは1200人程度ですが、やはりライブハウスが好きそうなカエラさんにとっては、お客さんとの距離がちょっと離れているように感じたことを言っていました。

でも、ライブへの意気込みは「みんなとのシンクロ率100%で行くよ!」と。


初日の公演は、どうもカエラさんのMCがおばちゃんっぽくなるそうです。

「これから激しいの行くよ!準備いい?!」

と言いながらも、まだまだ話し続ける。

自分でも反省しているようでしたが、やはり緊張していたようですね。

「お客さんにも助けられた。」

と言うのも、会場の雰囲気は温かく、初見の曲でも手拍子があるし、オイ!オイ!はあるし、みんなの手の振りが揃ったりしていました。

乗れる曲としっとり聞ける曲とパートが分かれているので、お客さんも心の準備がしやすいというのもあったと思います。

アルバム曲を主体に、おっ、この曲久しぶり!、という曲もけっこうありました。


「神奈川県の人?」

とカエラさんが質問をすれば8割ぐらいの人が手を上げる。

「私は東京出身ですが、神奈川は第2の故郷と思っています。」

と嬉しいお言葉。

「サクサカーの人?(テレビ神奈川の番組『saku saku』を見ていた人の意)」

には、挙手する人がちらほら・・・

すみません、私もリアルタイムでは見てないです(´・ω・`)

「あら、そんなにいないね。もう一度聞くよ。サクサカーの人ー?!」

あ、これは振りだな、と気付いたので、半分くらいの人が挙手しましたw


今年のライブは多くのアーティストでこの演出が主流になりそうだなと予想していた通りのものがオープニングの演出に使われていました。

けど実際に見ると驚き、感動します。

そしてホールならではの音響がすごく良かった気がします。

カエラさんの歌声もバンドの演奏も心地良く聞き入りました。

終演時に多くの人が「すごく良かった!」と話していたように、とても楽しいライブでした♪



続きを読む

スポンサーサイト

TEMPURA KIDZ出演ワンセグ☆ふぁんみ観覧

TEMPURA KIDZが初めてテレビ出演するワンセグ☆ふぁんみ(NHK@CAMPUS 青山学院アスタジオ)の一般観覧に行ってきました。



NHKネットクラブにも応募したのですが、こちらは当選せず、スタジオ外からの観覧でした。

収録30分前にスタジオに着いてもらった整理番号札。



2番…

収録が始まってからも観覧者は増えて、最終的には15人くらいになってました。

スタジオ内にも席の余裕ができたらしく、一般観覧で最初に並んだ人は中に入れてくれるという話でしたが、外からの方がTEMPURA KIDZを近くに見ることができるので私は窓越しに観覧。

おかげでKIDZたちの登場から退場まで見送ることができました。


オープニングは「CIDER CIDER」のパフォーマンス。

やっと生で見ることができました。

狭いスタジオの中、ダンスで移動するときなんか、互いにギリギリのところですれ違ってたし、見ててすごい迫力がありました。

パフォーマンスの後はトーク。

メンバーの私物紹介や質問コーナー、「CIDER CIDER」の振り付け講座など。

ダンスはすごく堂々としていたものの、トークでは若干緊張していたようですね。


視聴者参加型の2択アンケートは、

①超高速ダンス
②即興歌はめダンス

で、選ばれたのは②。

音楽が流れて、スッとやる気スイッチが入った時の迫力は子供ながらも鳥肌ものです。

かっこいいダンスをして、曲の最後のとぼけた表情のようなギャップもまたKIDZたちらしさ。


収録後はMCのヒャダインさんや南波志保さんとメンバーみんなで名刺交換していました。

名刺ケースはTEMPURA KIDZのロゴが貼られたもので可愛かったです。

アーティストが共演者と名刺交換することは珍しいですよね。

こういうところがKIDZたちが所属するASOBISYSTEMが単なるアーティストマネージメント会社ではなくて、事業会社なんだなーって感じさせるところです。


ヒャダインさんのトークは面白かったし、南波志保さんは可愛かったし、時間があれば毎週でも観覧行ってみたくなりました。



収録後のスタジオの様子。

妄想徒然

2012年にリリースされたシングルの中では、Hurly Burlyとポイントが未だにライブで披露されていない。

特にHurly Burlyはテレビで披露しているので、2010年のCOUNTDOWN JAPAN 10/11ではサプライズだったFAKE ITやThe best thingのようにCDJ12/13ではHurly Burlyの初披露があると思っていました。

けど、Hurly Burlyとポイントのどちらもやりませんでした。

今のところ全然披露する気配がないですね。

まぁ、CDJ12/13はPerfume WORLD TOUR1stの凱旋ライブという位置づけで、PWT1stに近いセトリでそれはそれでとても良かったですが。


Hurly Burlyが披露されない理由としては、おそらく次のワンマンライブで重要なポジションにあるからなのかもしれないと思うのです。

すなわち、氷結サマーナイトやコンテナ展でやったような3DやAR技術を駆使した演出が次のライブのコンセプトとなっているのだと思います。

また、紅白でもやったリアルタイムモーションキャプチャリングやポリゴンを用いた映像演出も。

3人は口頭ではまだ次のライブは決まっていないと言っていますが、こんな感じのライブコンセプトはすでに決まっているような気がするのです。


さて、それらの技術をつかってどれほどの規模の会場でライブをするか?

これまでのPerfumeのライブツアーはライブハウス、ホール、アリーナと順当にかつ着実に規模を大きくしてきました。

そこから考えても次のライブ会場はドームかスタジアム規模。

さらに2012年は専らプロジェクションマッピング技術が注目された年だと思います。

東京駅改装を記念した「TOKYO STATION VISION」も記憶に新しいところ。



スタジアムのように天井がなくて照明や演出機材を吊ることができなくても、プロジェクションマッピングを使えばバックスクリーンなどを照らして様々な表現を可能にするでしょう。

前述したような演出技術やが活かせる会場として考えても、ドームやスタジアムの規模と思うのです。


けどPerfume WORLD TOUR 2ndとして、さすがに海外でいきなり最低でも3万人を収容するような会場でライブをすることは考えにくい。

せっかくWORLD FANCLUBができたのだから・・・PWT1stに来た人はみんなWORLD FANCLUBに入会していると想定して、P.T.A.5周年を記念しつつの国内外含めたファンクラブ限定のライブハウストゥワーを挟む可能性も・・・

WORLD FANCLUBが、いつ入会しても会員期限が毎年2/13までというのも、2/13のP.T.A.TV生放送で何か発表されるということを裏付けているような・・・

そんなこんなでPerfume 3rd Tour JPN 神戸初日1周年の日に妄想に耽るのでした。

かしゆか's バースデーケーキ



STAFF BLOGで紹介されたかしゆかの24歳のバースデーケーキはキルフェボンのブルターニュ産"ルガール"クリームチーズのタルトでした。



チーズタルトなのにキルフェボンのケーキだとそこまでお腹に重くないんですよね。

ほどよい甘さでチーズの風味がしっかりしてて美味しかったです♪

BABYMETALインストアイベント@タワレコ渋谷

渋谷タワーレコードB1 CUTUP STUDIOで開催された、

「神降臨!BABYMETAL『初の海外ライブを目撃せよ!』 -Anime Festival Asia 2012ライブ上映会-&ミニライブ!!」

に行ってきました。

イベントのタイトル通り、内容は

・Anime Festival Asia 2012のドキュメンタリー上映会
・イジメ、ダメ、ゼッタイ 1曲だけのライブ
・シンガポールのお土産抽選会

でした。

入場番号は第1部が37、第2部が42とどちらの回もセンター3列目以内で見ることできました。

BABYMETALのライブをこんなに近くで見れたのは初めてです。

3人のパフォーマンスを充分に堪能できたし、表情もよく見ることができました。

なによりイジメ、ダメ、ゼッタイでは、3人が手をイイネ!のポーズにしてステージ中央に集合するフォーメーションがあるので、センター最前列なら手が届きそうなほど近くなります。

ドキュメンタリーには「ベビメ大陸」と名打ってあり、構成がかの情熱○陸の通りw

成田空港出発から現地ファンとの交流、リハーサル、本番、観光までをかいつまんだものでした。

BABYMETALの初めての海外ライブにしてすごく堂々としたパフォーマンス、そして現地ファンの熱い盛り上がり、胸が熱くなるものがありました。

フェスの映像で初めてちゃんと振りが見れたのですが、これまではPerfume 1st Tour GAMEの振りに似ているなぁと思っていたのが、どちらかというとJPNの振りが多く入っているような気がしました。

時の針やGLITTERなど。

ドキュメンタリー上演会と1曲だけのライブで1時間足らずのイベントでしたが、充分なボリューム感ありました♪



渋谷の街を走るBABYMETALの宣伝トラック。





タワレコ渋谷店内に展示されていた、PVで使われたフライングギターと販促の様子。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示