FC2ブログ

武藤彩未 Live ~A.Y.M.Night~ @ヤマハ銀座スタジオ 2/27公演

セットリスト
01. 宙
02. 時間というWonderland
03. 流星ナイト(松田聖子)
04. ボン・ボヤージュ(松田聖子)
05. 天国にいちばん近い島(原田知世)
06. カケラ(川嶋あい)
07. 永遠と瞬間
08. I want you back(The Jackson5)
09. Seventeen
10. Daydreamin'
11. パラレルワールド
12. 彩りの夏
13. 明日の風
アンコール
14. Bye!Bye!Bye!(可憐girl’s)
15. A.Y.M.

客電が落ちると、まずはバンドメンバーが登場。

会場からの大きな拍手で迎え入れられました。

しばらく静寂が続いた後、ついに武藤彩未さんがステージに現れました。

私にとっては彩未さんの芸能活動復帰後のライブ初参戦です。

またステージに立つ彩未さんの姿が見れたことが嬉しくてたまりませんでした。


彩未さんが歌い出すと、これまた懐かしい感じの緊張からくる震えた歌声でした。

表情もちょっぴり固い気がしました。

でもこれもライブの醍醐味なのです。


2曲歌ったところでMCです。

彩未さん自身も緊張してて本調子でなかったことに触れ、それに反応するお客さんの笑い声に彩未さんはリラックスできたようでした。

ここから彩未さんの歌唱パフォーマンスが一気にトップギアに入るのを感じました。

歌声は心地よくホールに響き渡り、何よりお客さんの感情グイグイ引き込むような表情、迫力がものすごいのです。


カバー4曲と『永遠と瞬間』まで歌ったところで長めのMCがありました。

「始めて私のライブにきてくれた人?」

という質問にはちらほら手が上がりましたが、正直どこまで本当かはわかりません笑。

「遠くから来てくれた人?」

には島根、鹿児島、北海道などの声がありました。

きっとこれは本当でしょう。

平日にもかかわらず遥々よく来てくれたものです。

もし私がまだ滋賀に住んでいたとしても、きっとチケットを申し込んで来ていたと思います。

彩未さんはかけがえのない存在ですから。

さらにフロントエリアで目立っていた背の高い外国人さんに話が及びました。

ここは海外留学をしてきた彩未さんの語学力の見せどころ。

流暢な英語で会話していたその外国人のお客さんとのやり取りはこんな感じでした。

彩未さん「Why are you here?」

外国人さん「Because Muto Ayami.」

彩未さんがライブをしているからここにいる、その方の回答はごもっともです笑。

きっと彩未さんは『どこで私を知ってくれたの?』という意図だったのではないかと思いました。

「Do you know BABYMETAL?」

と彩未さんが続けると

「Yes. Of course.」

「感謝しないとね。また私のライブに来てくれますか?」

彩未さんの言葉にうなづく外国人さん。

この流れで次回のライブ告知もありました。

4/26(金) 会場:渋谷WWW X

本当は彩未さんの誕生日である4/29にライブしたかったそうですが、やはりゴールデンウィークの真っ只中ということで、どこの会場も空いてなかったそうです。


せっかく外国留学してきたのに英語で歌えないとね、ということで披露してくれたのがThe Jackson5の名曲でした。

ノリの良いリズムにお客さんも大きな手拍子で乗っていました。

続いてSeventeenのイントロが流れ始めると、自然とお客さんも手拍子を合わせます。

するとどうも彩未さんの様子がおかしい…

歌い出しをど忘れしていたのです。

Bメロに差し掛かったところで、

「ごめんなさい!もう一度お願いします!」

バンドメンバーとお客さんに彩未さんが頭を下げました。

「えー!!どんな歌い出しだったっけ?!」

(上昇気流で深呼吸!)

というお客さんとのやりとりがあった後でSeventeenのやり直しでした。

この後続いたDaydreamin'の歌唱はものすごかったです。

ミスをパフォーマンスできっちり取り返す。

そんなところも彩未さんのライブの見どころなのです。


アンコールはもちろん大声の『あーやーみー!』コール。

彩未さんとバンドメンバーはこの日のライブTシャツに着替えて再登場しました。

「3人のパートを一人でやらないといけないし、あのころはキーが高かったし…」

ともじもじしながら歌ったアンコール1曲目は可憐girls’の曲でした。

彩未さんのオリジナル曲だけでもワンマンライブが組めるくらいに持ち曲は多いはずですが、こういうサービスをしてくれるのも嬉しいことです。

ラストはA.Y.M.

この日の彩未さんは基本的にダンスパフォーマンスがありませんでしたが、お客さんがサビの振り付けを踊り出すと、彩未さんも嬉しそうに踊りながらお客さんを煽り始めました。

歌うことが本当に楽しそうな表情をする彩未さんの姿にはそれだけでステージが成立すると思っています。

いずれはダンスありのライブに戻ると思いますが、何より彩未さんのライブが大好きなのでまた次回のライブも行けると良いなと思います。

スポンサーサイト

Xmas Special Live A.Y.M.X@赤坂BLITZ

セットリスト
01. ミラクリエイション
02. Doki Doki
03. Daydreamin'
04. Seventeen
05. 宙
06. 未来へのSign
07. Pearl-White Eve
08. 時間というWonderland
09. 女神のサジェスチョン
10. 桜ロマンス
11. とうめいしょうじょ
12. 風のしっぽ
13. RUN RUN RUN
14. A.Y.M.
15. 交信曲第1番変口長調
16. パラレルワールド
17. HAPPY CHANCE
18. 永遠と瞬間
アンコール
19. 明日の風
20. 彩りの夏
ダブルアンコール
21. OWARI WA HAJIMARI

このライブ以降の活動休止を発表している武藤彩未さんのライブに参加しました。

彩未さんの持ち曲すべてと彩未さんが憧れる松田聖子さんのカバー曲で構成された全21曲という過去最長となるライブでしたが、時間が過ぎるのはあっという間でした。

開演直後の彩未さんは緊張している様子が見えましたが、徐々にペースを取り戻し、後半の歌声には鳥肌が立って身震いがするほど素晴らしいものでした。

バンドメンバーの演奏も、バラード曲では情緒豊かな雰囲気を作り出し、ほとんどの曲では俄然ロックなステージを演じていました。

アンコールの彩りの夏では、バンドメンバーおよびステージスタッフ関係者によるシークレットサプライズがありました。

間奏の演出としてステージが暗転した時に会場全員でサイリウムを掲げるというもの。

この光景に彩未さんは泣き出してしまいサビを歌うことができませんでしたが、ここでこそ彩未ファミリーの団結力を見せるところ。

彩りの夏を大合唱で彩未さんを盛り立てていました。

素敵な空間でした。

さらにはダブルアンコールで歌ったOWARI WA HAJIMARI、ここでも彩未さんは感極まって声を詰まらせてしまいましたが、再び会場から大合唱。

OWARI WA HAJIMARIは笑顔でお別れするための曲なので、彩未さんからお客さんに歌ってと振ることがなかったにも関わらずにです。

すごかったです。

正直私も歌おうと思っても声になっていませんでした…

本当に良いライブでした。


彩未さんの活動休止は期限を設けていませんが、来年の6/10、すなわちムトウの日にはライブをしている気がします。

21歳で日本武道館に立ちたいと宣言していたことを実現するために、すでに彩未さん周辺で色々なことが動いているような気もします。

しばらくライブなどで会えないのは寂しいですが、彩未さんには少しの間ゆっくり気持ちを整えて、活動再開まで気を充実させてもらいたいなと思います。


以下、私の妄想です。

2015/12/23 80'sアイドルを現代に再生させるDNA1980プロジェクト終結

同日 他に類似することのないソロアイドルとして武藤彩未さんが表現をするためのA.Y.M.プロジェクト始動

2016/6/10 活動再開ライブ@赤坂BLITZ、ファンクラブ創設

フェスなどにも多数出演

2016/10月ごろ アルバムリリース&東名阪ツアー

2017/4/29 日本武道館バースデーライブ

(´-`).。oO(どこでも付いて行きまっせ笑)

出張LoGiRL~IroDOLi!~@タワレコ渋谷

イベント開始時刻になると、スピーカーから聞こえてきたのはLoGiRLでもお馴染みのTOEIC満点芸人の石井てる美さんの声。

英語でイベントの禁止、注意事項をアナウンスし、彩未さんが翻訳するというものでした。

彩未さんが英語の意味がわからない時の間がLoGiRLそのままで、一言一言に笑いが起きていましたw

続いてスタッフさんの呼び込みで彩未さんと清野さんの登場です。

彩未さんたちが座る椅子があるステージは高くなっていたものの、やはりスタンディングでは彩未さんの顔を見るのがやっとでした。

そこへファッションチェックのコーナーになると、前列の人から順に集まった全員がしゃがみ始めました。

これでお客さんみんなが彩未さんの姿を拝見できるようになったわけです。

本当にお客さん同士の思いやりがあるこの現場が大好きです♪

出張LoGiRLでやることが決まっていたのは、先日のLoGiRLで投票が多かった『彩未先生によるSeventeenの振り付け講座』です。

赤い眼鏡と指し棒を持った彩未先生は可愛いらしくも、見た目とは裏腹にスパルタ教師でしたw

清野さんは彩未先生の厳しい指導にあわあわしつつも一生懸命踊っていました。

普段から踊る趣味がない人があれほど踊れるのはすごいことだと思います。

最後は彩未さんのフルコーラスに合わせて全員で振りコピでした。

LoGiRLの毛筆タイトルとSeventeen歌詞ボードの抽選会の後は生写真のプレゼント会。

そして、締めの挨拶でも全員がしゃがんで彩未さんの顔をしっかり見ながら言葉に聞き入りました。

出張LoGiRL楽しかったです♪

普通のライブでもなく、プレゼント会でもない、こういったイベントも定期的やってほしいものです。

本間祭り2015@NHKホール

4時間にも渡り開催された音楽プロデューサー本間昭光さんの生誕50年を祝う音楽祭りに参加してきました。

公式サイトを見てもらうと分かりますが、出演アーティストがホンマに豪華!
http://hommatsuri.jp

この面子であのバンド構成は本当にすごい思います。

本間昭光さん、松任谷正隆さん、武部聡志さんが同時にキーボード(ピアノ)を弾いたり、バイオリン、ビオラ、チェロ、トロンボーン、フルートなど私が大好きな管弦楽器が含まれ、オーケストラ並みの重厚な音をNHKホールで聞けたのは何にも代え難い経験です。

二度は見れない光景でしょう。

実のところ、ポルノグラフィティさんもいきものがかりさんもライブに行ったことがあるのではしゃぐという部分については物足りないと感じましたが、純粋な音楽『音を楽しむ』ということに関してはこれ以上ないライブでした。

ポルノグラフィティさんからは今夜限りの書き下ろし曲が披露されたり、シークレットゲストとしてももいろクローバーZの佐々木彩夏さんと高城れにさんが登場するなど、音楽祭りの極みとも言えるイベントで本当に来て良かったと思います♪

以下は武藤彩未さんの出演パートに触れていきます。

オープニングアクトのお祭りアクト3組目として登場した彩未さんが披露したのは、永遠と瞬間 ピアノVerでした。

イントロとともにステージ上に現れ、一礼して歌い出しました。

出だしは声が少し上ずっている感じでしたが、すぐに修正していつもの歌唱へ。

歌い終わりには、

「ありがとうございました。武藤彩未でした。」

と一礼。

ステージ袖にはける時にもまた一礼。

緊張もあるかと思いますが、言葉数は少なくすごく厳かな雰囲気を醸し出していました。

今日はアイドルとしてではなく、日本を代表する音楽プロデューサーの本間昭光さんのファミリーとして出演するとの心意気だったように感じました。

ライブのコンセプトに合わせて素直にスイッチを切り替えられるのは素晴らしいことだと思います。

広瀬香美さんのビデオレターの後には、広瀬さん作詞作曲、本間さん編曲で内田有紀さんが歌っていた『幸せになりたい』でした。

エンジンが温まった状態での彩未さんの声はほんとしびれますね。

鳥肌が立ちました。

新藤晴一さんと水野良樹さんの間に挟まれ、「境界のRINNE」のコーラスのために彩未さんがセンターに立った時には、本間さんが「なんとかがかり状態だね」とおちゃらけるシーンも笑。

ギターバトルということで非常にかっこいい演奏の中で彩未さんのコーラスはまた映えるものがありました。

ポップというよりロックな感じでしたが、彩未さんが手拍子しているのを見習って私も手拍子しながら体を揺らして乗りました♪

本間昭光さん、松任谷正隆さん、武部聡志さんがキーボードの前に立ち、松任谷由実さんの『リフレインが叫んでる』が演奏されると、歌い出しは岡野昭仁さんでしたが、後から吉岡聖恵さんたちと彩未さんも合流。

名曲を合唱で歌い上げていました。

アンコールの最後には『サライ』のように、みんなで歌ってエンディングを飾れる曲として本間さんが書き下ろした『SONG』を出演アーティスト全員で歌いました。

彩未さんのパートがすごく多かったです♪

今日の彩未さんのパフォーマンスは本間ファミリーのアーティストにもそのファンにも大いに印象づけたものと思います。

このステージに彩未さんを呼んでくれた本間さんには本当に感謝ですね。

来年以降も他のアーティストとの共演やフェスイベントへの出演が増えることを望んでいます♪

武藤彩未 Re:BIRTHリリイベ@タワレコ梅田NU茶屋町&HMV三宮

タワレコ梅田NU茶屋町ミニライブセットリスト
女神のサジェスチョン
未来へのSign
風のしっぽ

OWARI WA HAJIMARI

彩未さんが事前に歌うと宣言していたバラード曲は『風のしっぽ』でした。

この曲を歌う彩未さんの迫力がすごかったです。

鳥肌が立つほど心を奪われる感じがしたのです。

それに続く『宙』はまたいつもと違ったように感じました。

ここのところ彩未さんのライブパフォーマンスが恐ろしいスピードで進化している気がします。

本当に彩未さんが出演するどのイベントも見逃せません。


衣装は透明な花のブローチ(ネックレス?)が付いた白いブラウスに藤色のスカートでした。

メイクも名古屋とはちょっと違って垂れ目な感じが可愛いらしかったです♡

彩未さん締めの挨拶は

「おおきに~!また来るで~!」

でした♪


大阪のイベントの後、彩未さんが「神戸でも1曲歌う!」とツイートしてしまったことがお店側にちょっとした混乱を生んでしまったようです。

もともとHMV三宮店ではライブをする準備していなかったようですが、写真のとおりイベント開始1時間前には完璧なステージが準備されていました。



ものすごく温かい雰囲気の中でプレゼント会が終わり、彩未さんからお店のスタッフさんへ謝罪&感謝の言葉を伝えた後歌ってくれたのは『彩りの夏』。

曲の出だしの音が小さくてやり直すハプニングがありながらも、歌い出した彩未さんは感極まっている様子でした。

2回目のサビでお客さんの合唱が始まると彩未さんは泣き出してしまいました。

私もこれには涙腺が緩みます…

最後の挨拶は、

「もっともっと多くの人に私の歌を届けたい!

みなさん応援お願いします!

まだまだここじゃ終わらないぞ!」

お客さんも大歓声でお返ししました。

リリイベでこれほど心を打たれるアーティストもなかなかないですよね。

素晴らしいイベントを見届けられて良かったです。
FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示