FC2ブログ

無名ですけど東名阪ワンマン ~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~ 其の二@渋谷WWW X

セットリスト
SE 知りたい
01 試験前夜
02 最終人類
03 席替ガットゥーゾ
04 チラチラチラミー ~試験当日~
05 透明ボーイ
06 キミワイナ'17
07 恋の遮断機
08 狼の詩
09 楽園にて、わたし地獄
メンバー自己紹介
10 いきものたいそう
11 恋ゲバ w/ H ZETT M
12 雨夜の接吻 w/ H ZETT M
ラップパフォーマンス(エンドレス青春)
13 迷えば尊し w/ H ZETT M
14 ピロティ
アンコール
15 まさ毛カンナヴァーロ
16 学校行けやあ゛


新しい学校のリーダーズ初の東名阪ツアーファイナルは、私が想像していた全てをはるかに超えたライブでした。

フルバンドセット、H ZETT Mさんのゲスト出演が名古屋と大阪公演から追加されたこともありますが、何よりメンバーのパフォーマンスも、お客さんの盛り上がりも過去に見たこともないほどのものでした。

ファンがリーダーズに寄せる想いが過去最大であったことは開場前の雰囲気から感じ取れました。

これまでのリーダーズ主催イベントの入場待ちの様子は意外と落ち着いた感じでしたが、この日は多くのお客さんが浮き足立った様子だったのです。

会場の前であれほどリーダーズのグッズを持っている人が多くいる様子はこれまでに見たことありませんし、どの人も笑顔でワクワクした感じで開場を待っていたのでした。


そんな雰囲気で始まったライブはとても感動するものでした。

定刻になって場内が暗転すると、OTAさんともう一人のスタッフさんがステージ前方用意された紅白の幕を張り、聞こえてきたのは『知りたい』。

紅白幕の向こうに浮かぶのはバンドメンバー、そしてリーダーズメンバーの影。

場内から轟く大歓声。

『知りたい』はまだライブでの披露がありませんが、ツアーファイナルでアルバム『若気ガイタル』の収録曲すべてを出し尽くすべく出囃子にしたというわけです。

粋な演出でした。

そして幕が降ろされると、試験前夜の演奏と歌唱がスタートです。

この曲はラジオで初めて聞いた時から生演奏で聞きたい!と願っていたので、気分の高揚は半端なかったです。

それは多くのお客さんにとっても同じ想いを持っていたようで、ツアーで初めてこの曲の間奏にオイ!オイ!の掛け声が入ったのです。

カッコいい演奏に超カッコいいリーダーズのパフォーマンス。

気分が乗らないわけがありません。


そこから繋ぐ最終人類はまたすごい光景が見れました。

イントロでKANONがハンドスプリングで一回転した後に倒立ブリッジを繰り出していたのです。

大阪でもびっくりしたのにさらに驚きを重ねてきました。


さらには席替ガットゥーゾへ続きます。

熱々のセットリストすぎて、わたしゃ序盤から燃え尽きそうでした笑。

この曲ではOTAさんもキレッキレのダンスパフォーマンスを魅せてくれます。

踊りながらDJ卓をいじって銃の音を入れるなど本当に器用な方です。

リーダーズメンバーだけでなくOTAさんを煽り立てるお客さんもけっこういました。

DJ兼アジテーターのOTAさん大人気です笑。


この日の目玉であるH ZETT Mさんが登場したのは恋ゲバ、雨夜の接吻、迷えば尊しの3曲でした。

あえてリーダーズがH ZETTRIOさんとフィーチャリングしている恋の遮断機や狼の詩ではない曲でコラボしてきたというところがまた熱いですね。

MCではリーダーズメンバーがH ZETT Mさんに自分たちの印象を問うシーンがありました。

H ZETT Mさんは「いいよ~いいよ~。」としか仰りませんでしたが、リーダーズのことが相当大好きだと思っています笑。

なんとなく、中田ヤスタカさんとPerfumeさんやきゃりーさんとの関係に似てる気がします。

ただの楽曲の提供先という間柄ではなく、アーティストとして刺激を受け、尊敬し合える仲間、というような印象を持っています。

これからもこの関係がずっと続いてほしいと思います。

さて、H ZETT Mさんがコラボしたライブはと言うと、これまた言葉で言い表せないほどの心地良いライブパフォーマンスでした。

前回のリーダーズの1stワンマンでは、どちらかと言うとH ZETT Mさん自身のアートパフォーマンスを魅せつけたという印象が残りましたが、今回はまさに新しい学校のリーダーズとのセッションであったように感じました。

お互いに音で、ボーカルで、ダンスで、寄り添ってアートを表現している、そんな風に感じたのです。

こんな感覚は滅多にありません。

さらにこれまた驚きだったのが、ラップパフォーマンスでのRINのサンプラー打ち込みに楽器隊、そしてH ZETT Mさんのキーボードが加わったことです。

この時の音の重厚感には、ここだけでもなんとか音源化してほしいという感覚に襲われました。

今後同じメンバーが同じ演奏を繰り返したとしても、この時と同じ音にはならないだろうと感じたからです。

貴重なライブでした。


ライブ本編ラストは迷えば尊しで締めるかと思っていたところ、まさかのピロティが控えていました。

この流れでピロティは反則です…

そりゃ多くの人が感極まるでしょう。

1番サビでは横に並ぶお客さん同士で肩を組みながら体を揺らし合唱しました。

これは私にとって待望だったことです。

曲が終わった時にはみんなでハイタッチ。

こんなにライブで心を一つにできることは稀です。

リーダーズのライブでこうしたことがずっと続くといいなと思っています。


この後アンコールになるのですが、これまで2公演であった『はみ出しコール』はありませんでした。

これほど感動するライブは誰も見たことがないと思います。

感極まりすぎると声が出せなくなる、こんな経験は初めてです。

誰かが声出そうかと最前列の人たちもお互い顔を見合わせていたものの、ついには声を出せず、手拍子が続いた後にOTAさんが登場し、メンバーもステージへ再登場しました。

3公演ずっと見てきた人たちみんなが同じ想いを抱き、同じ感覚に陥っていたのだと思います。

それでもアンコールの声出しは大事だと思いますので、これからの公演では頑張らせていただく所存でございます。


アンコール1曲目は、ついに完成したMV映像をバックにまさ毛カンナヴァーロの披露でした。

いや、目の前でメンバーがカッコ可愛いライブパフォーマンスをしているのに、スクリーンを見続けるなんて器用なことはできません笑。

毛根をイメージした衣装を着たメンバーがコミカルに動いていたという印象しか残りませんでしたが、後できっちりMVを見させていただきます。

最後の曲『学校行けやあ゛ 』も大盛り上がりでした。

最初で最後で最高の~…(ふっふー!)
給食 授業に 因数分解~…(ふわふわ!)
敷かれたレールに可愛く~…(はいせーの!はーいはーいはいはいはい!)

というミックスも過去最大の声量でした。


おそらく何ヶ月にも渡ってメンバー、そして大勢の関係者がじっくり作り込んできたリーダーズのワンマンツアーはとてつもなく感動するものでした。

メンバーのやり切った感は終演後の特典会での清々しい表情からも感じ取れました。

それでも、5月からまた怒涛のごとくスケジュールにライブを詰め込んでいるのを見ると、当然かもしれませんがリーダーズの目標はもっと高いところにあることが分かります。

そこに到達できるように私も全力で応援させていただきたいと思います。
スポンサーサイト

無名ですけど東名阪ワンマン ~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~ 其の二@梅田Shangri-La

ネタバレは後ろに書きます。

名古屋公演でもめちゃくちゃ感動したのに、リーダーズのパフォーマンスはさらに洗練されていました。

そんなリーダーズの想いに応えるように、大阪のファンの熱気が会場を渦巻いていて、本当に激アツのライブでした。

メンバーも序盤から大汗をかいていたほどの熱量だったのです。

グルーヴを超えたグルーヴ。

新たなライブの境地を見たような気がします。

新しい学校のリーダーズのライブの進化はとどまることを知りません。

東京ファイナルがどんなことになるか想像すらできません。

以下ネタバレです。

続きを読む

音ノ国ライブツアー2019 まぼろしのユートピア ~出雲大社の夜~

セットリスト
01 完全形態
02 きらきらキラー
03 つけまつける
04 み
05 スキすぎてキレそう
06 のりことのりお
07 Unite Unite
08 チェリーボンボン
09 PONPONPON extend mix
10 恋ノ花
11 良すた
12 にんじゃりばんばん アカペラ
13 とどけぱんち
14 キズナミ
15 ぎりぎりセーフ
16 演歌ナトリウム
17 みんなのうた
18 きまま
19 コスメティックコースター
20 インベーダーインベーダー
21 ファッションモンスター
22 音ノ国
アンコール
23 きみがいいねくれたら
24 原宿いやほい

悪い亡霊に音楽が奪われれてしまった音ノ国で、音龍(インロン)の涙から生まれた音ノ国で唯一音楽を知っている姫であるきゃりーが音ノ国に再び音楽の楽しさを取り戻すというストーリーの一夜限りのコンセプトライブでした。

詳細なライブレポはもしもしにっぽん(https://www.moshimoshi-nippon.jp/ja/191883)が発信しているので、このブログではざっくりした私の感想を記します。


この日の会場は座席間隔が狭くてとにかく動きにくかったです。

出雲大社の特設会場ということでそもそもライブ会場ではありませんし、立って見ることも想定していないものと思います。

しかし、きゃりーさんのライブはじっと見て楽しむようなライブじゃありません。

きゃりーさんはいつも以上にお客さんが盛り上がってくれると期待を込めていつもはやらない曲をセトリ入れてくれたものと思います。

ただ、とにかく体が動かしにくい…

そんな状況を知ってかしらずか、お客さんのおとなしさにきゃりーさんから不満を隠せない様子が感じ取れました。

次のようなMCがありました

「島根の人はどれくらいいるんですかね?

あ、まぁまぁいますね。

それじゃ遠征してきたよって人挙手!

さすがファンクラブの皆さん!

けど交通費大変だったんじゃない?

6万ぐらい?大丈夫?」

きゃりーさんからちょっと皮肉めいた雰囲気を感じました。

『せっかく遠くまで来てくれたのだからもっと楽しんでいけばいいのに!』という感じです。

それでもPONPONPON、にんじゃりばんばん、演歌ナトリウムといった縦ノリ曲になると俄然会場の雰囲気がガラッと変わったのです。

狭くて横に動きにくくとも、縦方向ならジャンプできる。

私の周りの人たちもこうした曲では水を得た魚みたいなイキの良さでした笑。

『あれ?みんな跳べるんじゃん?』

と、きゃりーさんが嬉しそうな表情をし出したのはこのあたりからですね。

ちなみに演歌ナトリウムはCOUNTDOWN JAPANの時と同じサビの振り付け指導があり、『えんえんえんえん』で手をYの字にしてジャンプ、『演歌ナトリウム』で手を左右に振るというものです。

ライブ本編の最後の曲は音ノ国。

きゃりーさんがこの日の公演は森の中で暗いからペンライト用意してね、というようなことをツイートしていたので、音ノ国もペンライトバージョンなのかなと予想していたのですが、バースデーライブの時と同じく逆に裏切られました笑。

ペンライトを使わないバージョンの音ノ国のダンスはめちゃカッコいいです。

カッコいいダンスを見せつけたきゃりーさんがいったんステージを退場した後にアンコールへ突入すると、なんとここで新曲『きみがいいねくれたら』の初披露でした。

「この曲はダンサーさんと二人でやります。」

というきゃりーさんの曲振りに、

『デュエット?』

と客席から声が飛びました。

「ダンサーさんは歌わないよ笑。二人で踊るの笑!」

会場をほっこりさせる面白いやり取りを挟み、披露された新曲はポップな曲調で、振り付けもすごく真似のしがいのあるカンナさんの振り付けらしいダンスでした。

何よりこの曲は音ノ国を凌ぐ『打ち曲』になりそうだ、というのが私の第一印象です。

そう、間奏ではミックスを入れられるし、本来歌唱パートでは掛け声を入れたくない私でも、『はいせーの!はいはいはい!』という掛け声をしたくなるメロディなのです。

実際やるかやらないかは今後のきゃりーさんのライブの雰囲気を見ながら考えます笑。


出雲大社という荘厳な雰囲気に圧倒されそうになりつつも、貴重な公演を体験できたことが何よりでした。

続く音ノ国ツアーの次の公演は京都南座です。

歌舞伎の舞台できゃりーさんがどんな舞を魅せてくれるのか本当に楽しみです♪

無名ですけど東名阪ワンマン ~有名になんかなりたくない。なりたいけど。~ 其の二@名古屋ell. fit’s all

ネタバレは後ろに書きます。

ライブエンターテイメントの革命と言っても過言ではないと思えるほど革新的で素晴らしいライブでした。

若気ガイタル収録曲を使ったライブはこれまで以上にダンスパフォーマンスを魅せることに寄せた印象を持っています。

リリイベの時はおとなしいお客さんが多いこともあって、会場がリーダーズのパフォーマンスに圧倒されっぱなしでした。

そのまま行くとワンマンツアーに来てくれたお客さんも置いてけぼりにされやしないかと心配していましたが、まったくの杞憂でした。

過去からのファンも最近ファンになってくれたお客さんをもきっちり楽しませるセトリ、会場に集まったすべてのお客さんをリーダーズの世界観に巻き込むパフォーマンス、爆笑を誘うMCや小芝居、どれを取っても秀逸でした。

私は終始感動しきりで、終演した時には少し放心状態になっていました。

これほどのライブを観れることは滅多にありません。

いや、今回の名古屋公演がリーダーズの革命の始まりですから、この感動はまだずっと続いていくのだと思いますが、心のキャパを大きくしないとリーダーズの伝えたいことを吸収しきれない気がします。

次の大阪公演、そして東京のファイナルに向けてこのツアーがどんなことになるか楽しみで仕方がありません。

以下ネタバレになります。

続きを読む

若気ガイタルリリースイベント@タワーレコード渋谷店

セットリスト
01 まさ毛カンナヴァーロ
02 狼の詩
03 透明ボーイ
04 チラチラチラミー ~試験当日~
05 楽園にて、わたし地獄
06 恋ゲバ
ラップパフォーマンス(エンドレス青春)
07 迷えば尊し

定刻になり客電が落ちると、チャイムの音に続き『パパン!パン!』と軽快なリズムの手拍子をしながらメンバーがステージへ登場。

1曲目はまさ毛カンナヴァーロです。

振り付けはというと、まさ毛=まさかの毛ということで、脇からボン!と生えている毛を隠すかのような動きになっていました。

ダンスを見て歌詞がイメージできるというのが私も好きな振り付けです。

今回が私にとって初見でしたし、周りのお客さんのおとなしさも鑑みて振りコピは自重しましたが、これからのライブで絶賛真似していきたいと思います。

お客さんみんながこの動きを真似していたら相当シュールな光景になりそうです笑。


続いて狼の詩。

シングルA面の曲にもかかわらず、だいぶ久しぶりの披露です。

それでも『ウォウウォウウォウ』と狼の足の構えをする振り付けは多くのお客さんが真似をしていました。

こちらも印象的な振り付けです。


さらに透明ボーイ。

イントロからお客さんの手拍子が入りました。

最近は率先してお客さんが『ライブをする』という感じになっていて良い傾向だと思います。

ここで見せ場!と言えるようなリーダーズメンバーのダンスパートに対して大きな掛け声もありました。

若気ガイタルの多くの曲で特にRINが得意とするジャズダンスの要素が多分に入っているようで、RINがすごく気持ち良さそうに踊っているのが特徴的なのです。

最近のリーダーズのパフォーマンスはダンスに造詣がある人にとってはよりのめり込んでしまう内容になっていますよね。


そしてそして、チラチラチラミーの初披露!

後のMCで分かったことですが、この曲は一度は振りを付けて完成させたものの、なんかちゃうなということで、完全にフリースタイル、メンバーのアドリブに切り替えたそうです。

途中でSUZUKAがランニングマン踊り出すと残るメンバーもそれを真似し出しました。

特にKANONはすごく笑顔で楽しそうなのです。

メンバー同士の仲の良さが伺えました。


さて、ここで長めのMCです。

メンバーそれぞれが歌詞や振り付けの解説を始めたのですが、MIZYUの声が…

お客さんみんなが心配になるようなかすれ声なのです…

「おうちに声を忘れてきちゃいました笑。」

と笑いながらMIZYUは話してましたが、ただ事ではありません。

何度もティッシュを手にしていた様子を見ると、花粉症の悪化によるものと思いますが、大事にしてほしいものです…

MCではチラチラチラミーにちなんでテストの逸話もありました。

KANONは想像どおりの優等生。

SUZUKAは…まぁこちらも想像どおりの点数を取っているそうです笑。

テストの点数がすべてじゃありませんからね、これほど多くの人へ感動を与えるパフォーマンスをするアーティストに何もかも求めてはいけません笑。

MIZYUはというと、テスト前の小テストで0点を取った後の本番で93点まで挽回したことを話していました。

MIZYUらしいです。


MC明けは、バス酔いの切なさを壮大に表現した『楽園にて、わたし地獄』でした。

この曲ではリュックサックや薄く透き通る幕を使ったパフォーマンスが特徴的でした。

歌劇調のリーダーズのライブパフォーマンスがよりその方向に振り切ったものになっていました。

エフェクトがかかったようなMIZYUの歌声も必聴です。


恋ゲバからは一気にリーダーズのライブがスパートしていきます。

サビではメンバーのダンスに倣って多くのお客さんが手を差し出していました。

会場が一体になれる『エーンドレス青春!』のコール&レスポンスを挟み、私にとってラスト曲になることが待望だった迷えば尊しです。

この曲のパワーはすごいのです。

それまで手を上げることも控えめだったお客さんをも巻き込み、間奏では大きな『オイ!』の掛け声が入りました。

今回のリリイベでライブの全曲が若気ガイタル収録曲となり、メンバーが積極的に会場を煽ってくるのにもかかわらず、おとなしいお客さんが多かったことが心配だったのです。

良い感じで締めくくることができたものと思います。


いよいよリーダーズ初のワンマンツアーが始まります。

各地のファンの熱烈な応援が相まってものすごい盛り上がりになる予感がしています。

私もちょくちょくリーダーズのライブに顔を出す先鋒隊として、全力で楽しみ、盛り上げたいと思います♪



FC2カウンター
プロフィール

浜松のうなぎ犬

Author:浜松のうなぎ犬
ライブに行ってアーティストを応援することが生きがいです。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
JavaScriptを勉強中!
Perfume Dancing Clock!
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示